太陽のような愛を持って、頭痛の人を救っていこう

頭痛治療家を育てる日比塾

MENU
整体技術
公開日:2017.03.25

【整体技術】頭痛整体の市場とは?

片頭痛の人ってどれくらいいるの?

日本人の片頭痛患者は、840万人と言われている。そして、アメリカが4000万人世界になると3億人の人が片頭痛で苦しんでいる。その痛みの原因も血管拡張だとか、ニューロンがどうのこうのだという神経圧迫を主張するだけで、解決にいたっていない。

現在の片頭痛の治療法は、頭痛薬と予防薬がメインである。100年前から頭痛薬がアスピリンだった時代から変わらない。スギ薬局に行っても、マツモトキヨシに行っても、頭痛薬コーナーはよく売れています。市販薬には、イブやロキソニンがよく売れて、テレビCMでも宣伝しています。

片頭痛の歴史は、紀元前まで遡り、卑弥呼や織田信長、夏目漱石も片頭痛だったと言われている。しかし、片頭痛は治せないし、薬で痛くなる前に飲むことが一般的な対処法なのです。

3億人の片頭痛患者を笑顔に変えれたら・・・・

片頭痛の文献の調べていくと、出てくる!出てくる!たくさんの大学教授の文献が出てきます。しかし、最後は、薬で治す話になってきて、原因がイマイチしっくりきません。

もし、片頭痛の人の痛みを治すことができたら、世界はどれだけ明るくなることでしょう。ストレスや姿勢が原因と言われたり、「あなたは、頭痛持ちとして生まれたんだから薬飲んでおきらめなさい」と言われたりして出口のない苦しみから救うことができたら、その人の人生がいかに有効なものになるか!せっかくこの世に生まれてきた人生を謳歌してほしいと思います。

整体をやって、頭痛を治す人が増えています。これは、マーケティング的に頭痛患者なら集めやすいということが発端になっています。私も頭痛専門の整体院としてやってきました。そして、今思うことは、日本人全員が頭痛治療家になればいい!という思いです。思いやりのある人がこの仕事についてやれば、本当にやりがいのある仕事になります。

 

片頭痛から脱出した患者さんのインタビューです。

日本人が頭痛を治すのが得意な国になれば、みんなで世界をミサイルではなく、整体治療で世界を平和にしていくことができるのです。日本の各家庭に「日だまりショット」が行き渡れば、頭痛のない家庭ができます。日本中のお母さんの手に「日だまりショット」が行き渡れば、世界に向かって幸せを発信することができます。

デート中も日だまりショット!

仕事の同僚に日だまりショット!

残業頭痛に日だまりショット!

をやってあげる世の中になれば、

愛が溢れるのです。愛が溢れた世界を見たいです。

ぜひ、あなたもそうゆう世界もあることを思ってください。

頭痛治療家を育てるメルマガに【無料】登録してください。

記事下部バナー
avatar
執筆者:日比 大介 (http://hidamari-shot.com/)

5年間、まったく人が来ない田舎の整体院から、「頭痛治療」に特化した整体院に変貌をとげて売上を月商200万まで持っていった男。全国で2000万人を救える頭痛治療技術の伝承のため2015年頭痛治療家を育てる日比塾を創設。後継者の育成につとめている。情熱的なトークと一人一人の身になって考える指導がウリ。一回目で効果の出る頭痛治療のビフォーアフターを素人整体師、セラピストに教えています。歌で世の中を変えることをビジョンに掲げ、ボランティア活動「肩こり体操ライブ」でも活躍中.NHK紅白歌合戦出演予定。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:0

※がついている欄は入力必須です

カテゴリー別で探す お悩みごと別でコンテンツを探す