太陽のような愛を持って、頭痛の人を救っていこう

頭痛治療家を育てる日比塾

MENU
整体技術
公開日:2017.04.14

患者さんを一撃でファンにする超能力カウンセリング

患者さんのゾーンに入る技術とは?

整体の仕事は、新規とリピートのみである。つまり、集客して治療するだけである。人を集めるには、マーケティングが必要です。継続して通ってもらうには、ちゃんと結果の出せる確かな技術が必要です。しかし、整体師やセラピストが忘れていることが、一つある。

それが、患者さんの求めてる心である。

整体師は、技術バカが多いです。技術の探究心は、凄まじく、書斎に整体技術のDVDがズラーっと並んでいたりします。「患者さんの体の痛みをとってあげよう!」「どこでも治らなかった肩こりを当院が自信を持って治してあげよう」「優しく丁寧にすることで、満足してくるだろう」という考えでやってる先生が多いです。

患者さんが、本当に求めてるものは、心であることを知っていますか?

頭痛であったり、腰痛であったり、肩こりであったり、体の悩みであなたの整体院を訪れた患者さんの本当に求めてる感情を理解しましょう。頭痛を取れば、それでいいかもしれません。肩こりが楽になればそれでいいかもしれません。しかし、それでは、普通なのです。どこの整体院もそうなんです。

患者さんが本当に求めてるものとは?

自分に戻ることです。自分でいたいのです。社会や会社、学校、家庭の中で、人間は、演技して暮らしています。上司と部下に挟まれて、頭下げたり、ヨイショしたり、先生の前でいい子を演じたり、夫を怒らせないように自分を殺していたり、演技して生きるのが、人間です。

整体院やサロンは、自分に戻る場所です。自然体のウソをついてない自分に戻れる場所です。心にメッキをして、強く生きてるほど、「ホッ」とできる場所がほしいのです。自分が自分でいられることほど、ハッピーなことはありません。戦闘モードだった自律神経のバランスが整ってきて、とっても休まります。あなたの最高の整体技術は、患者さんが自分に戻れることが毎回のゴールになってくるのです。

例えば、嵐のコンサートに行く人も、スタバでコーヒーを飲む人も、リピーターは、本当の自分に帰るためにそこに行きます。社会で身につけた鎧を脱いで、「ホッ」とすることがしたいのです。自分が、自分で生きられる。歪められた自分じゃなくて、素直に生きてるそのままの自分に戻りたい願望が常にあります。そのままの自分を愛してほしいのが、人間の性(さが)なのです。

超能力を使って、患者さんをファンにする方法とは?

頭痛を一発で改善することも素晴らしいです。お話を聞いてあげて、心地よくしてあげるのも素晴らしいです。手紙を書いて、その人の人生を毎日支えてあげるのも素晴らしいです。あなたは、その人が、「自分で居られる」為にどんなことをしてあげてるでしょうか?

今回は、患者さんが、一撃であなたのファンになり、継続的に通うようになるカウンセリング法を紹介します。これは、実際に私の整体院で行なっている効果実証済みのカウンセリング法です。超能力を使うので、見た目には、何をしたのかわかりませんが、フロイトでもユングでもどの文献にも載ってない最新のカウンセリング法です。ぜひ、この超能力カウンセリングを使って、患者さんをどんどん幸せにしてあげてください。

ゾーンに入る。

あなたが、患者さんとお話をするときどんなことを話してるでしょうか?患者さんが好きなペットの話、天気の話、嫌いなママ友の話、ゴルフの話、自分の思い通りにならない人生の話、病院を巡っていた過去の話など、いろんな話をするでしょう。それが、楽しみだと思ってる先生もいるでしょう。患者さんは、先生に会いにくる。話をしにくる

それは、そうなんですが、それでは、話が合わなかった場合、ガックリでイヤな空気が流れて終わりです。患者さんは、雰囲気を察知する天才です。あなたが、患者さんの芯まで理解し、ファンになって通ってもらうには、超能力が必要なのです。

それが、ゾーンに入るということです。あなたが、人と話しをするときにどんなパワーを使っていますか?論理的に相手をねじ伏せるタイプですか?それとも情熱的トークで、相手を感動させるタイプですか?どっちでもいいですが、相手のゾーンに入らなければ意味がありません。患者さんがファンになって行く整体師の人は、これを無意識にやっています

ゾーンに入るのです。

昭和の時代に男闘呼組なんてジャニーズのバンドがいまして、「タイムゾーン」という歌がありました。ゾーンとは、相手の意識の中です。それも相手が、興味を持ってる一番の聖域があるのです。それをゾーンと言っています。ゾーンに入ってお話するのと、入らずに話をするのとでは、相手の満足度が全然違います。

超能力カウンセリングを無意識に使ってる人がいます。それが、お母さんです。お母さんは、子供のことにとっても興味があります。子供サッカーの試合なら、寒い日でもずっとグラウンドに立って、子供の背中を見ていてあげることができます。お母さんのパワーってすごい愛なのです。「昨日の晩ごはんのカレー残してたけど、今日の体調大丈夫かなー!?」とか「頑張ってシュート入れたから、帰りにあの子の好きなびっくりドンキー連れて行ってあげよう」とか子供サッカーの試合見ながら、そうやってカウンセリングしています。これが、実は、超能力カウンセリングなのです。完全に子供の気にしてるゾーンに入っています。

お母さんみたいなカウンセリングしよう!

でも、あなたは、お母さんじゃなくてあなたは、整体師です。患者さんは、他人です。この他人の領域から、お母さんのように患者さんを深く理解するには、どうすればいいか?患者さんとの仲がうまく行くようにするには、どうやってそのゾーンに入ればいいか?をお伝えしましょう。

それは、患者さんの興味のある意識の中に入ることです。映像です。イマジネーションです。想像しましょう。患者さんは、あなたの前でベッドに寝ています。何を考えて寝ているか?わかりますか?想像しましょう。人間には、イマジネーション能力という動物より優れた超能力が備わっています。この力で、飛行機やテレビやスマホを生み出してきました。アイディアを発想して、実現させることが人間にはできるのです。

本当の自分に帰る旅のお手伝いをしよう!

患者さんの話の背景を見ましょう。患者さんは、どんなとこに住んでるのでしょう?どんな暮らしぶりで、何に興味を持ってるのでしょう?テニスをやってるシーンが出てきましたか?そうしたら、テニスをやってる患者さんに話かけてみましょう。子育てしてる患者さんに話かけてみましょう。買い物してる患者さんに話かけてみましょう。野球で一花咲かせた時代の患者さんに話かけてみましょう。患者さんは、ベッドに寝ているままでも、イマジネーションは、どこにでも移動できます。

まるで、グーグルマップの黄色いあの子を地図上に落とすように

患者さんの生活に、チョコンと行ってみるのです。

ゾーンに入ってお話をするのと、ゾーンに入らずに表面的な会話のキャッチボールとは、

全然違います。

ぜひ、相手のタイムゾーンに入ってみてください。

もっともっと施術が楽しくなりますよ!

 

PS.現代人は、自然な人間関係を築きたくて苦しんでいます。それを解決するのが整体師の役目です。先生であるあなたが演技をしてちゃダメです。本当の自分に帰った患者さんを愛してあげましょう。おかえりなさい。いってらっしゃい!

頭痛治療家を育てるメルマガに【無料】登録してください。

記事下部バナー
avatar
執筆者:日比 大介 (http://hidamari-shot.com/)

5年間、まったく人が来ない田舎の整体院から、「頭痛治療」に特化した整体院に変貌をとげて売上を月商200万まで持っていった男。全国で2000万人を救える頭痛治療技術の伝承のため2015年頭痛治療家を育てる日比塾を創設。後継者の育成につとめている。情熱的なトークと一人一人の身になって考える指導がウリ。一回目で効果の出る頭痛治療のビフォーアフターを素人整体師、セラピストに教えています。歌で世の中を変えることをビジョンに掲げ、ボランティア活動「肩こり体操ライブ」でも活躍中.NHK紅白歌合戦出演予定。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:0

※がついている欄は入力必須です

カテゴリー別で探す お悩みごと別でコンテンツを探す