太陽のような愛を持って、頭痛の人を救っていこう

頭痛治療家を育てる日比塾

MENU
整体技術
公開日:2017.04.26

【整体技術】治療は、スピードです!結果を出しましょう!

初回10分で改善率95%の治療しませんか?

整体をやっていて、あなたは患者さん一人に何分施術するでしょうか?一般的な整体院では、60分や初診だと90分取るところもありますね。最初、問診で詳しく症状の話をカウンセリングして、術後のアドバイスもしっかりしてあげたいので90分の優しい時間にするお店が多いと思います。例にもれず私も開業当時は、50分4000円の施術をしていました。一人にかける時間は、患者さんが入って出て70分〜80分ぐらいだったでしょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-15-07-10-21

 

 

 

 

 

 

これは、疲れるし、リピートしません。顧客満足度っていいますが、満足してないですねー。だから、全然通ってくれませんでした。世間話ばかり多くなって、肝心の施術は、単なるマッサージになっていました。肩が凝っていて、腰も揉んで欲しくて、最近膝も痛くなってきからと言って、全部見ていました。尽くしましたね!尽くす女房っていう感じです(笑)

もしかしてあなたも、こんな尽くし方してないでしょうか?気疲ればっかりして、目的の「痛みを取る」とか「悩みがなくなる」とか「人生が変わる」とかゴールを達成できないまま、患者さんとの中途半端な関係が続いてないですか?ぜひ、治療は、スピードでおこなうことを心がけましょう。そのために施術時間を短くするために行うことを3つ紹介します。

時間短縮して、「ファン」になってもらう方法

1)まず、「治療」のマインドもつ!

リラクゼーション的な整体から卒業しましょう。もう疲れるだけですから!いくら時間かけても心身共に疲れるわりに、お客さんは、続けて通ってくれません。安い金額でも通わないのです。「治療」のマインドにすると、人は通います。通う意味があるからです。頭痛を治したい!痛みを取りたい!人生を大逆転したい!というのっぴきならない状況があるから、通わざるを得ません。そして、その患者さんの悩みを柔道の一本背負いのように、一発で結果を出してあげるのです。感動して、泣いて喜んで通ってくれますよ。

治療練習 見本 説明

 

 

 

治療ロールプレイ

 

 

 

 

 

 

 

 

2)余計なことはせず初回は、10分で終わりましょう!

新規の方が来院して、「こんにちは!予約した鈴木です。」から始まったら、問診含めて10分で終えましょう。ストップウオッチを用意しておくといいです。あなたもちゃんと整体学校やスクールで修了証をもらってきてると思います。ならば、技術はバッチリのはずです。ふくらはぎとか、ももとかは揉まなくていいので、頭痛だけ取りましょう!指の一本、一本をパチっとか揉まなくていいので、痛みだけ取りましょう。初回は、いかに短い時間で、頭痛の原因を突き止めて、ビフォーアフターを出すか!です。問診は、チャチャってやって、治療しながら問題点を聞いていけばいいのです。

 

3)痛みの原因をちゃんと説明して、リーダーシップを取りましょう!

「〇〇さん、お疲れ様でしたー」肩をトントン!「あー気持ちよかったです」では、目標達成にはなりません。頭痛の原因となる頚椎のズレを発見して、体感とともに説明してあげましょう。患者さんは、どこが悪いか?そして、どうして悪いか?をわかっていません。今の状況を1分で察知して、5分で治しましょう。そして、残りは、これから通っていけばこうなる!という希望の光を見せるのです。先生は、リーダーです。患者さんを幸せの頂(いただき)まで連れていくリーダーなのです。昭和のオヤジみたいに「オレについてこい!」っていうタイプであってください。ちゃんとゴールを指し示してくれる人にこそついて行きたくなるのです。決して、ニソニソ相手の機嫌を取りにいくは、やめましょう。

まとめ:頼れる先生になってください!

患者さんにヘコヘコして、長い時間のマッサージでごまかす整体師をそろそろ卒業した方がいいです。実は、患者さんは全然求めてないです。これは、私が6年間ヘコヘコして失敗してきた効果実証済みのダメ整体師のドツボです。ドツボ整体は、全然ツボに入ってませんから(笑)患者さんは、先生に頼りたいんです。頼りにするものがほしいのです。

胸を張って、「治療」をやりましょう。もちろん、法律的に「施術」って言わないといけないかもしれませんが、30年間治らなかった偏頭痛や病院の治療で治らなかっためまいを治すなら、患者さんにとってもまぎれもない「治療」でしょう。スピードで治してあげましょう。60分も90分もこねくり回して、患者さんを困らせるのは、罪です。

患者さんは、あなたの整体院にきて当たり前なのです。なぜなら、頭痛が治るからです。そして、通って当たり前なのです。先生が、治し方を教えてくれるから!先生についていけば、明るい未来にいける!と信じているから!

 

「治療」は、スピードです!

 

ps.もし、スピード治療を体験したいなら、私の治療院を見にきてください。ピピって集めて、ピピっで終わりです。オーイェー

頭痛治療家を育てるメルマガに【無料】登録してください。

記事下部バナー
avatar
執筆者:日比 大介 (http://hidamari-shot.com/)

5年間、まったく人が来ない田舎の整体院から、「頭痛治療」に特化した整体院に変貌をとげて売上を月商200万まで持っていった男。全国で2000万人を救える頭痛治療技術の伝承のため2015年頭痛治療家を育てる日比塾を創設。後継者の育成につとめている。情熱的なトークと一人一人の身になって考える指導がウリ。一回目で効果の出る頭痛治療のビフォーアフターを素人整体師、セラピストに教えています。歌で世の中を変えることをビジョンに掲げ、ボランティア活動「肩こり体操ライブ」でも活躍中.NHK紅白歌合戦出演予定。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:0

※がついている欄は入力必須です

カテゴリー別で探す お悩みごと別でコンテンツを探す