太陽のような愛を持って、頭痛の人を救っていこう

頭痛治療家を育てる日比塾

MENU
頭痛整体
公開日:2017.05.28

【頭痛セラピー】日だまりショットを受けた感想ビデオ

頭痛セラピーをはじめませんか?

頭痛セラピー「日だまりショット」は、薬を使わずに頭痛を改善する手技療法です。整体師の日比大介が、頭痛患者さんを治療しながら開発した手技で、頭痛の原因となる頚椎2番の調整によって頭痛を取り去っていきます。

20年、30年も偏頭痛や緊張型頭痛を抱えて苦しんでる人が、たった10分程度の施術で笑顔に変わっていきます。日本には、3000万人以上の頭痛患者がいると言われ、最近では学生の頭痛も増えてきました。そして、頭痛薬を飲み続けることにより起こる薬物乱用頭痛の発生もあり、薬を使わずに頭痛を治す方法が、今注目されています。

目の奥の痛みをとる技

頭痛は、めまいや不眠と同じく自律神経の問題と密接に関わっているため、単純に頭痛が消えればいいというものでもありません。姿勢や目の使いすぎなどによる生活習慣の問題から、環境におけるプレッシャーや人生における問題点などが横たわっている場合があります。

 

人は、悩む動物であるため、その発生口として、「頭痛」という形態をとっていることが多いです。頚椎を歪ませることによって、自己を守ってきた患者さんの人生に敬意を払って、今日も頭痛セラピー「日だまりショット」を打ち込むのです。

頭痛セラピー「日だまりショット」を受けると、どんな変化が起こるかを説明しましょう。まず、以下のビデオをご覧ください。

頭痛セラピー「日だまりショット」は、単なる肩こりマッサージと違って頭痛という激烈な痛みを改善します。治療後、「あれ!?痛くない!」とか「頭の重さが取れた!」とかその場で頭痛改善を体感することができます。患者さんは、真っ暗闇の人生から光が見えて、泣いて喜んでくれます。真面目にまっすぐに生きてきた人を救うこの仕事は、本当にやりがいがあります。

頭痛が取れる効果ともう一つ大きな効果があります。それが、人生の転換です。頚椎2番という不思議な骨を調整していくため、自律神経にリーチします。そうすると、「生き方」「考え方」が変わってきます。今まで抑え付けてきた自分の感情や想いが吹き出し、その人らしい人生を歩むようになってきます。心が軽くなり、患者さんの顔が、パーっと明るくなるのに気づくでしょう!

人生を歩きながら、ハンドバックにロキソニン・イブを入れている人たちを笑顔にしてあげましょう。もう旅行も怖くないし、デートも頭痛なしで楽しめます。そして、自分らしく生きれることに至福の喜びを感じることでしょう。

頭痛治療家を育てるメルマガに【無料】登録してください。

記事下部バナー
avatar
執筆者:日比 大介 (http://hidamari-shot.com/)

5年間、まったく人が来ない田舎の整体院から、「頭痛治療」に特化した整体院に変貌をとげて売上を月商200万まで持っていった男。全国で2000万人を救える頭痛治療技術の伝承のため2015年頭痛治療家を育てる日比塾を創設。後継者の育成につとめている。情熱的なトークと一人一人の身になって考える指導がウリ。一回目で効果の出る頭痛治療のビフォーアフターを素人整体師、セラピストに教えています。歌で世の中を変えることをビジョンに掲げ、ボランティア活動「肩こり体操ライブ」でも活躍中.NHK紅白歌合戦出演予定。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:0

※がついている欄は入力必須です

カテゴリー別で探す お悩みごと別でコンテンツを探す