太陽のような愛を持って、頭痛の人を救っていこう

頭痛治療家を育てる日比塾

MENU
独りごと
公開日:2017.06.18

【頭痛セラピー】お母さん太陽計画を発表!!

お母さんが太陽であってほしい!

ここは、東京です。とてもたくさんの人が住んでいます。その裏側には、頭痛で苦しむ人に溢れています。今の日本は、とても暗い顔をしていて、毎日がつまなそうな人が多いです。

お母さんが、頭痛でいたら、家庭が暗くなります。

お母さんの頭痛がなくなって、笑顔でいてくれたら、家庭が明るくなります。

家族の太陽であるお母さんを笑顔にすれば、町に光が灯っていきます。

 

太陽のような愛を持って、頭痛の人を救っていこう!

町に光を灯していこう!

 

日本の家庭を明るくする

頭痛治療家の仕事は、頭痛を治すことです。緊張型頭痛・偏頭痛など、家事や子育てもできないほどの苦しい頭痛を治すことです。そして、頭痛を治す先に、その患者さんの人生や生活、家庭があることを見つめよう。その人の頭痛が治ることで、頭痛患者さんのまわりの人まで明るくすることができるのです。

44036255 - housewife to samap

特に、お母さんが、毎日ニコニコ笑っていてくれると、子供がどんなに平和な気持ちで居られるか?

お母さんがいつもプンプン怒ってると、家庭に雰囲気はどんなに暗くなっていくことか?

それが、今の日本の雰囲気まで作っているような気がしています。

頭痛がなくなり、笑顔のお母さんが待つ家に、子供もお父さんも帰ってきたいです。そうゆう日だまりの家族が日本にいっぱい増えたら、いいなーといつも思っています。

 

 

 

地球に太陽の人をいっぱい作る

頭痛治療家を育てる日比塾を創設する時に、私は、ビジョンを立てました。それが、下の写真にある「日だまりワールド構想」です。私が、サラリーマンを経て、音楽の道へ行き、挫折の中で整体の道にたどり着きました。

たくさんの生き方と出会う中で、日本は、「人を褒めない社会だな」ということをつくづく感じてきました。生きる喜びを奪うシステムを変えたいと思い、私が理想とする社会のイメージを描きました。それから、普通の整体師から頭痛治療家に変貌したので、いよいよこの世界を作る一助になることができます。
IMG_0710

整体と歌の融合を実現させる

日本中、世界中を旅して回る時、笑顔で触れ合えたら幸せですね。頭痛のない普通の生活が私たちの周りに広がっていたら、さわやかな初夏の日差しを「幸せだなー」って感じることができます。何気ない朝のそよ風を気持ちよく感じることができます。そのために生きてることに気づいて生きたい。私は、渋谷の街で歌ってきました。路上シンガーだったあの頃を思い出して、渋谷の空に向かって歌ってきました。

スクランブル交差点の点滅の中を若者や個性的な人々とすれ違うたびに、彼らの家庭を想像しました。家庭があったかいものであることを願いました。そうゆうものが、コンビニの肉まんより、あったかくて本当に欲しいものであることが、胸にビシバシ伝わってきました。

頭痛治療家の仕事がこれから忙しくなります。
shibuya
 

 

 

 

 

 

6月 渋谷で「トゥイー」を叫ぶ筆者

頭痛治療家を育てるメルマガに【無料】登録してください。

記事下部バナー
avatar
執筆者:日比 大介 (http://hidamari-shot.com/)

5年間、まったく人が来ない田舎の整体院から、「頭痛治療」に特化した整体院に変貌をとげて売上を月商200万まで持っていった男。全国で2000万人を救える頭痛治療技術の伝承のため2015年頭痛治療家を育てる日比塾を創設。後継者の育成につとめている。情熱的なトークと一人一人の身になって考える指導がウリ。一回目で効果の出る頭痛治療のビフォーアフターを素人整体師、セラピストに教えています。歌で世の中を変えることをビジョンに掲げ、ボランティア活動「肩こり体操ライブ」でも活躍中.NHK紅白歌合戦出演予定。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:0

※がついている欄は入力必須です

カテゴリー別で探す お悩みごと別でコンテンツを探す