太陽のような愛を持って、頭痛の人を救っていこう

頭痛治療家を育てる日比塾

MENU
マインド(考え方)
公開日:2017.06.29

【セラピスト開業】売れる最高の立地条件とは?

整体院やセラピーサロンを開業しようと思ってる人へ

整体院やサロンで開業するには、どんな立地がベストでしょうか?駅前とか住宅地、車がよく通る道沿、看板がよく見える交差点付近とか、色々考えるでしょう。私は11年前に整体院を開業しましたが、「知る人ぞ知る隠れ家」を理想としていました。そうしたら、全然人が来なかったです。地元の蒲郡市民でも知らない公園の前の静かな風景です。細道入って、人通りは全然ありません。車も通りません。店屋もまったくありません。今は、大繁盛店になって県外からもいっぱい人が来ますが、当時は、空っぽの整体院でした。

あなたは、どんなところで開業しようとしてますか?

正解と言いますと、どこでもいいです。上記の写真をご覧ください。これは、ある会議室で患者さんを治療してる様子です。会議室です。会議室整体院301です(笑)つまり、患者さんの痛みを取ってあげることができれば、どこでもいいのです。患者さんの求めてるものは、居心地ではありません。あなたに理想はあるかもしれませんが、患者の理想ではありません。あなたの居心地も重要ですが、患者さんの求める「痛みからの解放」をテーマに開業するなら、どこでもいいのです。

私の独断と偏見で「最高の立地条件」を3つをあげてみましょう。

1)静かであること

開業するのは、自宅でも店舗でもどこでもいいけど、静かであることです。車通りやおばちゃんの話声のうるさいところで治療されたくないからです。そして、治療に集中できる環境が必要です。患者さんも静かな方が、痛みが落ち着きますし、体が緩みます。駅前のガンガンうるさいところに行きたくありません。

2)気の流れがいいこと

これは、立地の中で一番重要でしょう。気の流れってわかりますか?雰囲気です。土地には、気場というものがあります。あなたが、そこに立ってみて「いいなー」って雰囲気か?「なんか違うなー」という感覚を大事にしましょう。見た目ではないです。いい土地には、いい雰囲気が流れています。体でもそうです。健康な体には、いい気が流れています。いい土地は、いい人を集めます。感じてみてください。一番大事な条件です。

3)車で来れること

車社会です。私の整体院は、駅から徒歩30分ぐらいですが、駐車場は広いです。3台ゆうゆうには止めれます。高級車の大きさでも余裕です。東京などの大都会ではいらないですが、私たち田舎で開業する場合は、車でのアプローチがとても重要です。

建物は、普通でいいのです。6畳一間あれば、十分です。自宅サロンでも公園のベンチでも路上整体でも、形を整えるより、まずはってみなはれ!痛みで悩む人を救いたいなら、ベッド一台あれば、いつからでもできますよ!

結論:

治療がよければ、どこでもいい!

 

ということです。写真の患者さんも会議室で1万2000円を喜んで払っていきました。整体院は、場所ではない。先生が移動すれば、整体院も移動するような存在になれ!小心者のあなたは、まず治療技術を磨くことである。伝家の宝刀さえあれば、怖くないぜ!

頭痛治療家を育てるメルマガに【無料】登録してください。

記事下部バナー
avatar
執筆者:日比 大介 (http://hidamari-shot.com/)

5年間、まったく人が来ない田舎の整体院から、「頭痛治療」に特化した整体院に変貌をとげて売上を月商200万まで持っていった男。全国で2000万人を救える頭痛治療技術の伝承のため2015年頭痛治療家を育てる日比塾を創設。後継者の育成につとめている。情熱的なトークと一人一人の身になって考える指導がウリ。一回目で効果の出る頭痛治療のビフォーアフターを素人整体師、セラピストに教えています。歌で世の中を変えることをビジョンに掲げ、ボランティア活動「肩こり体操ライブ」でも活躍中.NHK紅白歌合戦出演予定。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:0

※がついている欄は入力必須です

カテゴリー別で探す お悩みごと別でコンテンツを探す