整体技術
公開日:2016.09.12

整体院のリピート率100%を決めるコツ

整体院はリピート商売です。

こんにちは。頭痛治療家 日比大介です。すっかり秋の気配がしてきて、涼しくなってきました。あなたの整体院にも続々と人がやってくるといいですね!私の整体院は、昨日土曜日で満員の22名の方を治療させてもらいました。5年前では考えられないことです。1日7名で「ヤッタ〜!」と喜んでいたのですから。あなたの整体院には、1日どれくらい人が来ますか?

1日一人でも恥ずかしがる必要はありません。なぜなら、整体院はリピート商売だからです。その一人の人がリピート率100%なら、新規が来るたびにあなたの整体院に人が溜まっていきます。半年もすれば、予約表がぎっしり埋まってくるはずでしょう。もしあなたの整体院に人が溜まっていかないなら、「ザル」になっています。ビールを飲んでも飲んでも飲めちゃう僕のように「ザル」です(笑)

例えば、昨日の22名の患者さんは全員次の予約を取っていきました。新規の人はいませんでした。もし、リピートを取れてないなら来週、再来週の土曜日はとてもさみしい治療院になってしまうことでしょう。少し減ってくれてもいいかな〜と思う今日このごろですが(トイレに行きたいから(笑)ありがたいことです。

リピート取れないと、お店はつぶれるよ

整体院は、新規とリピートで成り立ちます。リピートが取れないとお店はつぶれます。間違いないです。新規が毎月50名とか来てたらいいけど、また次の月の来る保証はないです。ライバル店がどんどんマーケティング学んであなたの整体院の顧客を取っていきます。チラシ広告もホームページ広告もだんだん効き目なくなってきて、整体院業界は、いよいよ戦国時代に突入しています。

ラーメン屋さんでも服屋さんでも喫茶店でもリピート商売ですね。常連の人たちが来てくれると売上が安定します。喫茶店で次回予約はないけど・・・ね。車とか家ならリピートなくても一回買って貰えば、けっこうな売上になりますが、整体院は、永遠の恋人のように通ってもらうことが一番大事な経営哲学でしょう。

では、【リピート率を100%にする方法】をこの記事を読んでくれた愛すべき読者のあなたにお伝えしましょう。これは、10年の治療家人生でも習得した効果実証済みの必殺技なので、真剣に治療院をやる方だけに使って欲しいです。では、行ってみましょう!

「次、いつ来ますか?」と言ってください。

次回予約を取るには、「通いますか?」「じゃあ、明日来れます?」と言ってください。または、「次回いつ来れますか?」って聞いてください。「いつ来たらいいですか?」って患者さんが言ったら、「明日来れます?」って言いましょう。まず、「次いつ来ますか?」と聞きましょう。これを言ってない整体師が多すぎる。一回で治療が終わるわけないじゃん。もしかして、それってリラクゼーションなんじゃない?ホテルでゆっくりリラクゼーションなら、次回予約とらなくてもわかります。でも「痛み」を取りに来た患者に対して、何も提案しないのは無責任ですね。痛みがすぐに取りたいわけですから、患者さんにとっての理想をお伝えしましょう。あなたを信頼してくれれば100%明日に予約を入れてくれるでしょう。

通うつもりの人を集めましょう。

リピートを取っていく前に、あなたの整体院にどんな人が来てるか?が重要です。集客の時点で「通うつもりのない安いお客」をつかんでいるなら、いくらいい治療をしようが、リピートの提案をしようが、通いません。お試し客ですね。これは、仕方ないですが、全員リラククゼーション目的や一回で効果を狙ったり、安い人はちゃんと通いません。予約してもキャンセルしたり、人生自体がフラフラしてるのでそうゆう人を集めないようにしましょう。そのためには、深い悩みで困ってる本気で「いい整体院」を探している人を集めることです。最上級のお客さまの声をたくさん載せましょう。単価を高くしましょう。通うのが当たり前のていで広告を作りましょう。歴史のある深い悩みがたった一回では消えません。痛みの裏側にある人生と向き合える人に来てもらいましょう。そうすれば、自然と通ってくれるのです。それも気持ちよく!

ビフォーアフターを決めよ!

通うモチベーションのある人が来たら、必ずビフォーアフターを出しましょう。あなたの治療技術がどんなものか?わかりませんが、治療よくないとはっきり言って通いません。世間話でごまかして通ってもらおうとするエセ整体師が多いです。「お前の技術が下手なんだよ」ということを肝に銘じてください。痛みがあって来院した患者の痛みが取れなければ、通わないのは普通でしょう。10ある痛みが5や3になってこそ通ってくれますね。患者さんもあなたの整体院に来るのが初めてじゃなく、いろんな整体院・接骨院に行って騙されてきています。「またココも治らないな」と思って疑っています。あなたは、その疑いを晴らす役目ですよ。一発で決めてやってください!めちゃクチャ痛い頭痛が、その場でスーっと取れたら大感動ですよ!必ず通いますから!これが治療家としての醍醐味でしょう。

明るい未来を提示せよ!

患者さんは、何も知りません。いろんな整体院に行って何回も通っても変わらずに半信半疑で通ってきました。あなたは、治療した後に「どこがどうゆう風に悪くて、どこを治すとどれくらいで治るか?」の未来のストーリーを患者さんに提示してあげてますか?ただ明日来て!何となく一週間に一回通ってもらってもキツイです。患者さんは、何のためにどこに向かって通えばいいか?治るまでのストーリーを説明してあげましょう。通いながら今どのへんにいるか?がわかると通いやすいですよね。治療家は、山を登る先導者に似ています。登る山(痛みが取れるゴール)を決めて、患者さんの手を引いて山の頂に向かって登っていくのです。これから険しいルートもあるけど、そこを越えると「こんな場所」に出れることを教えてあげましょう。「よし!じゃあ先生について行ってみよう!」となるのです。

自信のある治療家のところに人は通いたい。

あなたは、どんな気持ちで治療してますか?患者さんのどこが悪いか?見えてますか?もし、どこが悪いか?わかってなくて治療するのは危ないです。気合いでは治らないので、「ここだ!」という痛みの原因をビシッとわかることがイコール通ってくれことになるのです。当たり前ですよね。治療受けていて、患者さんの痛みの原因がここだ!とわかってその場で楽になったら通うでしょう。先生は、その痛みの原因を一瞬で見抜いてください。どこの医者もどこの整体師も教えてくれなかった本当の頭痛の原因を体感とともに教えてあげてください。患者さんは、「やっと本物にたどり着けた!」と思うはずです。そうすれば、人生をかけて先生のところに通うでしょう。患者さんを明るい未来に連れて行ってあげてください。

【リピート100%の極意】のまとめ

治療がよければ、100%通う。治療が悪ければ、100%通わない。以上です。極端な答えですが、うまい言葉でリピートを取ったりしたら先生自身の心があとあと苦しいです。ちゃんとした治療法をちゃんと磨き上げることが治療家にとってとても重要なことです。今は、マーケティングが整体師にとって必須だ!という風潮が流れていますが、間違っちゃいけないのは、整体の先生が本当に治せる先生であることが一番大事ですね!その自信に患者さんは、ついてくるものだと思います。あなたらしい整体院を作るために、患者さんが家族のように信頼して通ってもらうために最強の治療をし続けていきましょう!

 

頭痛治療家を育てるメルマガに【無料】登録してください。

記事下部バナー
avatar
執筆者:日比 大介 (http://hidamari-shot.com/)

5年間、まったく人が来ない田舎の整体院から、「頭痛治療」に特化した整体院に変貌をとげて売上を月商200万まで持っていった男。全国で2000万人を救える頭痛治療技術の伝承のため2015年頭痛治療家を育てる日比塾を創設。後継者の育成につとめている。情熱的なトークと一人一人の身になって考える指導がウリ。一回目で効果の出る頭痛治療のビフォーアフターを素人整体師、セラピストに教えています。歌で世の中を変えることをビジョンに掲げ、ボランティア活動「肩こり体操ライブ」でも活躍中.NHK紅白歌合戦出演予定。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:0

※がついている欄は入力必須です

カテゴリー別で探す お悩みごと別でコンテンツを探す