太陽のような愛を持って、頭痛の人を救っていこう

頭痛治療家を育てる日比塾

MENU
整体院集客
公開日:2016.09.26

患者が来ません。どうすれば?

あなたは、どうして人が来てないと思いますか?

整体院を開業して11年目になります。例にもれず私も患者が来なくて、相当苦労しました。予約の電話が鳴らない日が続いて、とても悩みました。今では、遠方からもひっきり無しに車がやってくる整体院になりましたが、人が来ないのは、自分の存在が否定されたかのように苦しいものです。「治療が下手だからかな〜?」とか「まだ知れ渡ってないのかな〜?」って不安なまま6年も時間が過ぎ去りました。田舎なのでいけないとか、健康にお金を使わない町だと決めつけて、周りのせいにしてさえいました。情けないです。

あなた自身が知ってる問題ではないでしょうか?今回は、整体院・接骨院・リラクゼーションショップにどうして人が来てなくて、来てるお店は何をしてるか?をお話しましょう。まずは、人が来てない整体院の特徴を以下に挙げてみましょう。

人が来てない整体院は・・・・・・

第1位 まったく広告してない

整体院に人が来ないのは、みんな知らないことだけです。私も広告するは、卑怯だと思っていた人間なので広告は邪道だと思っていました。それより、人脈を作って町の有力者(お店の経営者や有名人)とつながることが大事だと考えていました。近所の人には、いい人に写ってたかもしれませんが、まったく目立ってなかったです。

最初は、ポスティングでいいので月に1万枚配ってください。10名は来ますよ。広告の書き方は、コレです。ポスティングのメリットは、ポストの中にライバルはいないことです。あなたの整体院のチラシだけです。折らずにそのままポストに突っ込んでください。反応出ます!一戸建てなら一時間に150件、マンションなら一棟50件〜100件なので、合わせ技で一日300枚として月に1万枚やれるでしょう。

お金ない時は、体を使うのです。あなたの治療法を世の中に知らしめてください。もちろんホームページも作っておくといいですね。スマホで調べれるようにしておくのです。あなたが狙う主婦層は、どんな形で整体院を探してるか?を想像すればわかりますよね!?待ってるだけじゃなくて相手の立場に立って行動することですよ!

第2位 先生の顔が気持ち悪い

人は顔ですよ。広告に反応ない場合、もう一回顔見てみてください。先生、あなたの顔ってケータイで撮った安い写真じゃないですか?モデルさんならともかく素人が素人を撮った写真でホームページとか出ていますが、結構気持ち悪いです。

主婦や子育てママたちが、理想とする先生がそこに立っていますか?結構、年いったオッさんですよね(笑)行くのに勇気いるし、あなたが思ってる以上にハードルがあるものです。女性専門でも性格キツイかとか顔のイメージでわかりますよね!?そうゆうとこって誰も言わないけど、すごい大事です。私もプロの写真家にとってもらったら、ホームページの反応率が1.5倍になりました。これは、あんまり変わってないようですが、もともとホームページから10名の予約だったのが15名になったのですごいことでしょう。

人は人に反応します。もし、先生の顔も載せてないなら大問題です。体を扱う仕事なので、誰がやるか?ちゃんと表示しましょう。年をとってくると写真は気持ち悪くなって来ます。これは隠せない真実です。しかし、治療院では先生がアイドルなのでアイドルらしく一枚は看板写真をとっておきましょう。

第3位 誰が来てるかわからない

先生の写真もそうですが、お客さんが誰が来てるかわからないと行くのが怖いです。だって、失敗したくないですからね。5000円なり、6000円なり払って全然よくない治療だったらイヤです。それも変なおじさんに変な治療だったら最悪です。行く前より変になったら地獄です。お客さんの頭はそうゆうことを想像して、あなたのお店に行かないのです。

お客さんを広告に載せましょう。お客さんと一緒にあなたの整体院を盛り上げていくのです。2つの広告があったとします。1つは、患者さんの笑顔が5人載って「頭痛が治ったよ〜」という写真とメッセージつき、2つ目は、お客さんまったく載ってなくて先生が治療してる風景だけ。これは一目瞭然ですね。お客さんが載ってる方に行きたくなるでしょう。だって、信頼できるから!コワモテ先生のゴッドハンドの自慢なんかどうでもいいのです。そこのお店に行ってどうなったか?という結論を広告にお客さまの声としていっぱい載せてください。それが、あなたの整体院が人気店になる秘訣です。人は人を呼びます!是非!

第4位 何屋さんなのか?わからない

なんでも治す整体院が多いです。対象症状:肩こり・腰痛・ヘルニア・ヒザ痛・肘痛・五十肩・首痛・寝違え・不眠症・自律神経失調症・冷え性・頭痛・吐き気・耳鳴り・不定愁訴・めまい・筋肉疲労・背中のだるさなど盛りだくさんです。ところで、あなたは何者ですか?他の整体院と違うところはどこですか?そのへんにある整体院と治療法が違うんですか?何回通うんですか?保険効くんですか?ずべての人に受けようとするから、誰にも受けないのです。万人に受けるお店なんてありません。

あなたは、何屋か答えてください!一つは得意な分野があるでしょう。もし、肩こり治療が得意なら、【しぶとい肩こりをたった3回の治療でスッキリ改善する治療院】とか名打ちましょう。あなたのお店の顔が欲しいのです。のっぺらぼうじゃあ、人は来ません。隣の店のコピー人形ならこの世にお店として存在する必要ないのです。あなたしかできない整体院をやってください。もちろん需要のある分野ですよ!是非、誰かの役に立つポジションをとってください。必ず人が来ます!

第5位 整体院の雰囲気も先生も暗い

これは人が来ないからじゃなくて、もともと暗い先生のところには人は来ません。元気のない整体院に元気のない人が来るわけないじゃん。これは厳しい言い方ですが、人に元気をあげる仕事なので、暗い先生はこの仕事をやめた方がいいでしょう。間違っていった患者さんも不幸ですし、先生もなんで来ないか?で苦しむ必要ありません。単純にこの道に向いてないかもしれません。

私は、整体院に人が来なくてマーケティングの塾や整体の技術を学びにいろんなところに行きました。成功していく先生は、明るいしエネルギーがあります。または、暗かった先生がどんどん自信をつけて明るくなっていきます。そうすると人が集まって来ます。テレビを見ればわかりますが、人気のある人にエネルギーのない人はいません。何かに向かって必死こいて生きてる整体師は、やっぱり魅力的です。止まって悩んでる先生は、周りばかり気にしていて暗いです。そうゆう時代はあっていいと思いますが、整体師は、基本的に人に元気をあげる商売です。早起きして、朝日の美しさを見習うといいです。

では、あなたの質問に答えていこう。以下の5個をやれば人が来るようになります。

人が来てる整体院は・・・・・

第1位 めちゃくちゃ広告して目立ってる

患者が来るようにするには、広告して町に知らせることです。広く、広く知らせることです。遠慮していてはいけません。嫌われてもいいのです。だって、あなたの患者さんを救うためでしょう。広告を卑怯だと思っていました。今は、広告をしないのが卑怯だと思っています。

なぜなら、今でも頭痛で悩んで苦しんでる人に「治るはずの治療法」をその人に教えてないのです。それは、治療家であるあなたが広告をサボってることで救えてないということです。いっぱい広告して救ってあげてください。あなたが、「何をこんなことで悩んでいてしまったな〜」と勝手に悩んでいたことに悔やみますよ!「こんなことだったらハゲずに済んだかもしれない」と思うかもしれません。私も6年間も広告をサボっていました。今すぐにこのブログを読んだら広告を作ってください。

あなたの町のどこかであなたの治療法を待ってる人がいるのです。どんどん広告して、知らせてあげてください。それが愛です!

第2位 先生が爽やかでいい人そう

整体院は清潔感が大事です。特に主婦層をターゲットにする場合、治るor治らないも大事ですが、清潔感があることは必須です。不潔そうな人に首とか施術されたくないです。そのために爽やかで清潔感のある写真を撮りましょう。白髪も似合ってればいいですが、不潔に見える人は染めましょう。

頑固ジジーの整体師が多いです。そんなとこで意地を張ってる場合ではありません。患者さんに安心してきてもらうように清潔感を伝えましょう。もし、あなたが男性なら女性に聞いてみたらいいでしょう。あなたが女性なら友達や患者さんにイケてるか?どうか聞いてみましょう。誰にやってもらうかってとっても大事なので、注意して広告を作りましょう。

笑顔の写真がいいですよ!かっこつけた治すぞ!整体師を気取る人もいますが、広告では電話かけてもらいやすい人相でうつりましょう。さあ、来るゾ!

第3位 お客さんがよく来てる感じがある

人が来ない店は、もともと人が来てないですよね。それは、整体院に限らずどんな種類のお店でもそうだと思います。その理由は、お客さんが来てる雰囲気ゼロだからです。人は人に反応します。繁盛店は、いつも人がいるので人が人を呼ぶのです。それを人の鈴鳴りと言います。あなたのお店に人がまったくいないなら、いるようにすればいいのです。真面目くさって待ってる必要ありません。

最初は、親戚でも兄弟でも犬でも猫でも来てもらって、江口洋介の一つ屋根の下みたいに写真を撮りましょう。家族的な雰囲気でも人がいない写真より全然いいです。お客さんがいっぱい来てる雰囲気を出しましょう。そうやって努力してると本当にいいお客さんが来てくれてお客さまの声が取れます。そのお客さんを筆頭に家族を作るように集合写真を撮っていってください。売れてる店は、モテてる店です。あなたの本領発揮です。整体院がライブハウスかのように人でいっぱいになってる広告を出してください。

第4位 何をしてくれるお店か?明確だ

売れてる店は、エッジが効いています。エッジとは、ウリです。尖ってるのです。嫌われます。目立つから仕方ないですが、商売としては正解です。あなたのお店が、この世の中の何を担ってるのか明確にしてください。それがわかれば、人は来ます。今のあなたは何をやってるのかイマイチわかりづらいです。整体院という名前だけで人が来る時代ではありません。よく足で整体するとか、気で治すとか、木槌で治すとか、あなたの技が特殊でも意味がないです。

何をしてくれるか?を明確にしてください。あなたの技なんかどうでもいいのです。患者の何を治してくれるか?を教えてください。それを広告でうたえば、すぐに人は来ます。売れてる店と売れてない店の違いは、ほんの少しの違いです。そのほんの少しまで気を配れてるか?が勝負ですね。

私も頭痛専門にする時、ものすごい勇気がいりました。全てを失う覚悟でした。ギター持って東京行った時より緊張しました。患者さんが来なかったら看板おろそうか?と思ったけど、やったから今があります。あなたは、自分の人生を何にかけていきますか?みんな一生懸命です。あなたはもっと一生懸命になれば勝てますよ!

第5位 整体院の雰囲気も先生も明るい

売れてる人は、元気いいです。影では、いろいろあると思います。それは、私も思うことです。でも、太陽なんです。あなたは今、患者さんがいなくてお金が入ってこなくて悩んでいる。ということは、患者さんがくれば悩まないわけです。笑いましょう!あなたのアホさを笑いましょう。あなたは、今から始める人なのです。今までが勉強だったのです。そんなことで諦めてどうするんですか?みんなもっと暗いトンネル抜けてますよ。

もっともっと暗いトンネルの中にいる患者さんを救うためにあなたは笑いなさい。そんな辛気臭い顔の整体師に人は来ないぞ!太陽になりなさい!無理してでもいいのです。最初は気張っててもいいのです。太陽の明るさで広告を打ちましょう!不思議なもので、あなたが頑張り出すとまわりも動き出します。明るいあなたの笑顔に人が集まります。整体院は、人が大事です。あなたのような人柄がいい人が、結局は求められてます。もし、あなたに笑顔があるなら、あとは売るだけです。頑張ってください!

まとめ:治療技術がいい

治療技術や施術に自信のあるお店は、どんどん広告できるし探究心が強い。患者さんがいっぱい来るので広告費に儲かったお金をいっぱいかけれる。ライバル店より目立ちまくることができます。整体院で患者に来て欲しい人は、まず人を集めよう!そして、あなたのなりたい整体師になってください。どんな技術でどうやって治す整体師になりたいか?ネットで調べればいろんな整体技術があります。あなたの人生をこの道にかけるなら、とことん修行すればいいじゃん!そうゆう業界です。

あなたは、何をこの世の中でしますか?売れてる人は未来のロマンを持っています。10年後、20年後のプランを持っています。もし、あなたに今患者がいないとしても夢を語れますか?10年後、どうなってるか?を言えますか?

もし言えないなら、真剣になってないですね。サラリーマン辞めてこの道に入って、本気でやるから人がくるのです。なまじっかの人のとこに人が来たら本当はまずいです。人はちゃんと見てます。あなたが、ちゃんと未来の絵が見えた時、不思議と広告に反応した患者さんがやってきます。あなたの手を見つめましょう!その手で何を掴むのか!?

ブルーハーツが売れたのは、未来は僕らの手の中と言ったからです。

そうゆう青い感情を大切にするといいと思います。by  夢見がちな整体師より

頭痛治療家を育てるメルマガに【無料】登録してください。

記事下部バナー
avatar
執筆者:日比 大介 (http://hidamari-shot.com/)

5年間、まったく人が来ない田舎の整体院から、「頭痛治療」に特化した整体院に変貌をとげて売上を月商200万まで持っていった男。全国で2000万人を救える頭痛治療技術の伝承のため2015年頭痛治療家を育てる日比塾を創設。後継者の育成につとめている。情熱的なトークと一人一人の身になって考える指導がウリ。一回目で効果の出る頭痛治療のビフォーアフターを素人整体師、セラピストに教えています。歌で世の中を変えることをビジョンに掲げ、ボランティア活動「肩こり体操ライブ」でも活躍中.NHK紅白歌合戦出演予定。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:0

※がついている欄は入力必須です

カテゴリー別で探す お悩みごと別でコンテンツを探す