太陽のような愛を持って、頭痛の人を救っていこう

頭痛治療家を育てる日比塾

MENU
マインド(考え方)
公開日:2017.10.18

【セラピスト成功】月100万円売上げるサロンの作り方

※警告 あなたは100万円行きません。

整体院で100万円を売り上げることを目標にしている整体師は非常に多い。しかし、永遠に行かない。なぜなら、今とりあえず食えてるからです。私も売上30万円行かない頃、あなたと同じく100万円をとても高い壁に思っていました。確か売上70万円ぐらいあればいいと思っていたでしょう。手元に50万ぐらい残れば、まあちょっと余裕で生活できるかな〜なんて漠然と理想を描いていました。しかし、全然行かない。30万円を前後するだけ。あなたも同じ悩みにぶち当たっていないでしょうか?

100万円行かないあなたに警告しましょう。

このままじゃあ100万円行かないですよ!その理由を5つ書きましょう。

あなたが100万円に到達しないベスト5

1)そもそも本当に100万円達成しようと思っていない。

冒頭で話したようにあなたは、必死ではない。30万円の売上があれば、整体院は仕入れはほとんどないから全部利益になります。一人もんの整体師ならなおさらでしょう。毎日の作業増やしてまで、今の上を望まないその日暮らし的生活が身についているのです。人間は変化を嫌います。成功でさえブレーキを踏みます。だから凡人は成功しません。日本人は頭固いから昨日と同じ自分を過ごすことに慣れすぎている。昨日の自分と行動を変えない限り、100万円は到底無理です。

朝4時にも起きれないあなたには達成不可能でしょう。そして、達成するための理由が曖昧なので、儲かった分を貯金するとかいう人は絶対に成功しない。もし、自分の子供が難病にかかって死にそうだったら、手術に100万必要なら稼ぎ出すはずである。なんとか平和が過ごせてるので、無理したくない種族は永遠に到達しない。それは、アクセルとブレーキを同時に踏んでることなのでとても苦しい。

目つきが暗い整体師が多いのはこのためである。セミナーなんか行くと、整体師のセミナーは、シャイで暗い。やる気あるのか?わからないくらいに覇気がない。まずは、やる気を持て!

強烈な想いこそが、すべてを変える力である 

2)広告費をケチっている。

広告や研修を経費だと思ってる整体師は、100万円行かない。今のあなたに結果が出てないのに未来に対する投資をしないのは、アホである。そうゆうクセがついてることがかなり損をしている。2万円とか3万円の安いセミナーばっかりはしごして、売れない奴らがつるんで話をしている休憩時間をよく目にする。広告は、売上の30%をかけるのです。つまり100万円売上の時は、30万円以上広告費に使いました。なぜなら、あなたの整体院はまだ知られてないのです。

無料でコチョコチョやってるから人が来ないのです。反応の出る集客チラシ5万部ぐらい作って、ターゲット地域に一気に投下すればいいのです。あなたに出来ますか?そうゆう必死さが必要です。チラシ5万部ということは、折込で25万円ぐらいかかります。いくら回収できるでしょう?10名来てくれて、3回ずつ通ってくれればペイです!

整体院は、リピート商売なのでその10名が毎月5名ずつ残っていけばどんどん売上は上がっていきます。広告は、未来投資なのです。あなたは、広告するとお金が減ると思っているからアホなんです。私もそうでしたが、あなたには小物(こもの)になって欲しくない。

3)リピートが取れないのはなぜ?

頭痛治療じゃなくともリピートは取れます。肩こりリラクゼーションでも100万円ぐらいいけます。ちゃんと次の予約を取っていますか?患者さんに通う理由を説明していますか?あなたの整体院にルールはあるでしょうか?整体院の中に入ったらあなたがルールです。患者さんに痛みを取るために通うプログラムを説明できない弱腰整体師は、永遠に100万円行かないでしょう。

患者さんは、悩んで悩んでやっとの想いであなたの整体院に来たのです。そして、あなたの想いのこもった治療を受けた。そこで最良の提案をしてあげないんですか?このペース通ったらこうなりますよ!という理想の提案をしてあげてください。相手の懐事情を気にして、お金を請求できないのは卑怯なのです。

あなたが嫌われたくないから「また電話してください」って逃げてるのです。次に電話する日までその人は苦しみ続けるのにどうして患者の側に次の予約を決めさせるのですか?患者が先生になってるじゃん。デートコースも決められない彼氏は欲しくありません。ちゃんとギュッと手を握って、光り輝く未来へ連れて行ってあげてください。

自信にみなぎったあなたの提案に患者さんはかけてくれますよ!本物の整体師になってください。リラクに逃げるな!

4)一人の時間にかけすぎ

私が30万円当時、問診に10分、施術に65分、最後の話に20分かけていました。トータル95分です。一人ですよ。それで4000円!なんだこりゃ〜〜〜!って恥ずかしい話ですが、本当です。現在は、新規さんの場合、問診3分、治療15分、説明長くて5分で次の予約またはバイバイです。通う人は通うのです。通わない人は通わないというのがわかってきて段階的にそうなりました。

単価5000円で月200回施術して100万円です。一人一時間もやっていたら無理です。一人30分枠で治療してください。リラクゼーションならともかく整体の道で人を救おうと思ったなら、痛みを取ることに目的をフォーカスしてください。患者さんは、長い時間のマッサージを求めていません。頭痛なり腰痛なり肩こりなり、マジでしんどいから来てるのです。即効で痛みをとってあげて、次の予約(明日)をとってあげてください。

デートして1日で結婚まで行こうとしてるから無理があるのです。時間だけ長くなって関係性は深まりません。何回も回を重ねることによって、頑なコリや痛みが抜けてその人らしい自然体の笑顔になっていくのです。5000円単価で30分枠で1日10人×20日です。お昼3時には終わって余裕ですよ!早くそうなってください。

5)値段が安すぎる

さっきの例で単価5000円と言いましたが、例えば、単価10000円にすると月100回治療するだけです。10人の10日営業です。いいでしょう?もっと値段を上げなさい。あなたの治療はそんなに安っぽい商品なんですか?もしかして治療が下手だから値段を安くしてお客にコビてるんですか? 治療が下手なら仕方ないです。整体師として存在する意味がないので修行に出かけた方がいいでしょう。

苦しみ抜いた患者さんをそんな安い値段で背負うことができるなんてあなたは本当にいい人ですね。いい人すぎて苦しいでしょう!?本気でやるなら、値段も本気にしましょう。自分の値札ですよ!野球の選手でいえば、年棒のような価値です。もちろんあなたが思うように「できるだけ多くの人に受けていただきたいので、安くしております」なんて自分が攻撃受けたくないから安くしてるだけです。自信がないから安いのです。

本物の商品を本物の値段で売ってこそ、本物の整体師です。患者さんは、喜んであなたに投資して痛みから卒業していくことでしょう。あなたもたくさんの代価を稼ぎ生活が潤うことでしょう。世の中も元気になった人たちで溢れ、イキイキした世界になるでしょう。3方よし!です。誰も損しません。安くしてるあなたの店だけ損してるのです。患者さんに視点を置きましょう!患者は、何を求めどうなったら幸せか?それを提供できる立場に先生は立っています。ちゃんとやりましょう!

まとめ:腹をくくれ!

結局は精神論になってしまいましたね。でも、そうなんです。私も妻との結婚のためどうしても稼ぎ出さないといけない!という切迫感があって立ち上がりました。「よっしゃ!やったるで!」という気迫が湧いてきました。まずその「熱」があることです。熱は人まで熱します。せっかくの人生をもっともっと熱く熱く生きましょう!あなたにしかできない人生を完成させるのです。その程度で終わるあなたじゃないはずです。

いつになったら本気になるのか?

ここで話した5つのブレーキを全部外せば、あなたは100万円を3ヶ月で達成することができるでしょう。成功することは、勇気がいります。今の自分からバンジージャンプしてコンフォートゾーン(ここちいい場所)を離れないといけません。そのやばい気持ち・焦る気持ちがあなたの眠っていた本能に火をつけ、ものすごいスピードで売上を上げていく原動力となるのです。やり方はネットにいっぱい転がっています。でもやれないのは、本当に成功したい!と思ってないからです。大人のゆとり世代が増えています。せっかく整体師になったなら、日本一の整体師になってください。

ギター一本を持って東京へ家出したあの日を思い出す整体師 日比大介

頭痛治療家を育てるメルマガに【無料】登録してください。

記事下部バナー
avatar
執筆者:日比 大介 (http://hidamari-shot.com/)

5年間、まったく人が来ない田舎の整体院から、「頭痛治療」に特化した整体院に変貌をとげて売上を月商200万まで持っていった男。全国で2000万人を救える頭痛治療技術の伝承のため2015年頭痛治療家を育てる日比塾を創設。後継者の育成につとめている。情熱的なトークと一人一人の身になって考える指導がウリ。一回目で効果の出る頭痛治療のビフォーアフターを素人整体師、セラピストに教えています。歌で世の中を変えることをビジョンに掲げ、ボランティア活動「肩こり体操ライブ」でも活躍中.NHK紅白歌合戦出演予定。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:0

※がついている欄は入力必須です

カテゴリー別で探す お悩みごと別でコンテンツを探す