太陽のような愛を持って、頭痛の人を救っていこう

頭痛治療家を育てる日比塾

MENU
整体セミナー
公開日:2016.10.08

整体を学ぶ学校を決める最大ポイント「それって天職か?」

From 雨降りの蒲郡 五井山を望む部屋にて

おはようございます。頭痛治療家 日比大介です。いつもブログを読んでいただきありがとうございます。昨日は22名で満員でした

昨日の患者さんの一人の女性がこうつぶやきました。

「銀行員なんて給料20万もいかないんですよ」彼女は、三菱○○UF○の窓口女性だ。さわやか美人だが、疲れてる。目の奥の痛みと頭痛で来院されたが、本当の悩みは仕事だ。とても厳しい上司と業界の問題点を聞いた。こっちまで頭痛がしてくる。

サラリーマンは、許せないことを許せない!と叫べない。私は、18年前「許せない」と言ってサラリーマンを辞めたが、普通は家族もあり、食べていかなければならないから逃げられない。この社会のシステムをなんとか変えたいですね。

その前に彼女は、銀行を辞めたい。でも、辞めれない。自分らしい生き方がしたい。もっと人生に燃えたい。

人々は、自分の適職が見つからないまま人生を閉じる。

 

あなたが、適職についてることを願う。

 

適職とは天職だ!毎日がめちゃくちゃ楽しい仕事をしよう!

 

あなたらしい天職を見つけよう!

せっかくの人生だよ。あなたの大好きなことをやっていっぱい稼げ!今日は、私の開催している頭痛治療家を育てる日比塾のある日です。もう20回目になります。素晴らしい人材が育っていて、とてもうれしいです。今はこうして日本全国に頭痛の病院に変わる整体院を作っていこうと志を立てていますが、5年前はまったく売れない治療家だったことをお忘れなく。整体院の前に神社があるんですが、あの日を思い出します。

ヒマすぎて、神社の境内で空手の練習をしていました。空手の練習が終わるとシャワーで汗を流し、今度は花壇の花の植え替えです。窓ふきまでやって人が来るように仕向けましたが・・・・・全然来ません。

いつもケータイ電話を首のぶら下げて外出しました。スーパーの惣菜を選んでる時にケータイが鳴るといけないのでいつも神経をケータイに向けて過ごしていました。

お客がいないのは、ハゲますよ!モテてないということですからね。バレンタインデーの帰り道、一個ももらえずに学校をあとにするあの切なさに似ています(笑)

今日は、モテる治療家の講座をします。繁盛店を作る講座です。楽しみに来てください。実際の頭痛患者さんも3名来ます。これがまた強烈な偏頭痛患者ばっかりです。

どうやって治すか?を見てください。

集客も治療もストーリーです。流れるストーリーにするとうまくいきます。

お楽しみに!

※もし、あなたが素人でも整体の道へ進もうと思ってるなら、

治せる治療家講座はこちらがオススメです。→ http://www.hidamari-shot.com

頭痛治療家を育てるメルマガに【無料】登録してください。

記事下部バナー
avatar
執筆者:日比 大介 (http://hidamari-shot.com/)

5年間、まったく人が来ない田舎の整体院から、「頭痛治療」に特化した整体院に変貌をとげて売上を月商200万まで持っていった男。全国で2000万人を救える頭痛治療技術の伝承のため2015年頭痛治療家を育てる日比塾を創設。後継者の育成につとめている。情熱的なトークと一人一人の身になって考える指導がウリ。一回目で効果の出る頭痛治療のビフォーアフターを素人整体師、セラピストに教えています。歌で世の中を変えることをビジョンに掲げ、ボランティア活動「肩こり体操ライブ」でも活躍中.NHK紅白歌合戦出演予定。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:0

※がついている欄は入力必須です

カテゴリー別で探す お悩みごと別でコンテンツを探す