太陽のような愛を持って、頭痛の人を救っていこう

頭痛治療家を育てる日比塾

MENU
整体院集客
公開日:2017.08.13

成功する整体開業に必要な3原則とは?

心と技術とあと何が必要でしょう?

整体師になって100万円稼ぐ目標があるとして、あなたは何を準備しますか?ベッドもいるし、タオルもいるし、骨格モデルもいるし、解剖図のポスターもいるし、お客さんの衣服をかけるハンガーもいるし、先生のデスク(できればコクヨのやつ)がいるし、BGMをかけるためのコンポとCDがいるし、待合室にソファーと机と雑誌がいるし、施術後に水を飲んでもらいたいからウオーターサーバーがいるし、お釣りをピン札で渡したいから両替してこないといけないし、掃除機もいるし・・・・・あ〜〜〜キリがないですね。そうキリがない。

じゃあ、整体師になって開業するには何が絶対必要か?だけを答えましょう。絶対に成功する3原則があります。この3つさえあれば、勝てます。100万いきます。もしかしてもう持ってるかも!?

1)整体する場所は、どこがいいか?

あなたはどこに整体院を作るか?知らないですが、家でやる人も店舗借りてやる人も場所が入ります。そして、開業場所は重要です。土地がないとやれません。山の上や無人島では、人が来れませんので、普通に人が住んでる場所にしましょう。駅に近くなくて全然いいです。駐車場取れたらいいですが、なくても構いません。

いつもココでやってるっていう場所です。公園のベンチで治療したっていいんです。でも、いつもやってる住所のある場所がいいです。いつもあなたが存在する場所が必要です。住所と電話番号があれば、どこでもいいでしょう。場所はありますか?自宅でも全然構いません。患者にとっては治ればいいんですから。3Fとか4Fとかでもいいですね。

私の整体院も車で1時間〜2時間かけてくる遠方の方が多いです。市内は、全体の10%以下で少ないです。隠れ家でも全然来る!ということです。

2)整体する箱

場所が決まったら、箱が入ります。家でも店舗でも屋根があるといいです。動かない土地に屋根のある施術ルームが1個あれば上等です。出張整体やる人もいますが、やはり場所と箱は欲しいでしょう。テントでは、風が吹き抜けて寒いので、壁もあった方がいいです。広さもベッドが入ればいいので、6畳あれば月100万はいけるでしょう。トイレはついてる方がいいです。主婦層が多いのと、着替えに使えたり、そこで一呼吸おいて治療に入る人も結構いるので。

もちろん古くても構いません。おばあさんの住んでた昭和の家で123万稼いだ女性治療家を知っています。エアコンないと冬は寒いけど、頭痛治せるんだったら、箱は今風のオシャレである必要はないです。あなたの理想はあると思いますが、稼げば物を増やしたり、リフォームしたり、色塗ったりすればいいのです。この箱は、何に使うのか?を明確にしておけば大丈夫です。治療院の店は、見た目じゃない、中身だぜ!

3)整体の治療技術

これさえあれば、上記2点は必要最低限でいいです。ベッドさえなくても完全に頭痛を治せる治療技術さえあれば、患者は納得します。というか、「そこ」しか気にしてません。20年間、苦しみ抜いてる偏頭痛患者が、イチイチ部屋の間取りを気にしたり、先生の服装を気にしたりしません。頭痛を治してくれれば、先生の顔が美人じゃなくてもいいのです。(人相は大事です!)

古民家でも自宅でもバンバン治していたら、予約表は必ずパンパンになります。治療技術を一流にして欲しいです。私たちの仕事は、治せてナンボの商売です。患者の苦しみをわかる心と患者の頭痛の原因をちゃんと見極めれる技術力こそが、整体師にとって一番必要なものです。

まとめ:技術さえあれば、どこでもいい。

ということで、場所・箱・技術の3つが整体院を開業するときに必需品だという話をしてきました。患者を基準に考えれば、本当にそうなんです。あなたを基準に考えれば、トイレのマットは、ピンクのオシャレな花柄が良かったり、待合室に花と額や、気持ちのいいソファーがいるかもしれません。患者さんは、そんな優雅に過ごそうと思って整体院に来ません。治療をしにくるのです。そのことを覚えておきましょう。

ただし、清潔感は大事にしてください。場所も箱もどこでもいいですが、体を扱うところですので目で見たクリーンさと同時に匂いも気をつけた方がいいでしょう。アロマとかやる人もいますが、それを嫌う人もいます。(偏頭痛患者は匂いが苦手な人が多い)シンプルイズベストと言います。

 

頭痛患者を集める→治すに徹してください。

 

※あったらなお良い細かい品で必要なものは以下の通りです。

施術ベッド、フェイスタオル、先生のデスク、骨格モデル、待合の椅子と机、光の入る窓、BGM、観葉植物、カレンダー(予約取る時に入る)、お金トレー(お金を前金で払ってもらうに入る)、お金ケース、問診票(カルテ)、ホワイトボード(症状の説明に使う)、診察券(次回の予約日記入)、以上

今日も素晴らしい整体デーになりますように!

迷ったら、こうだ!

 

治せばいいんです!

 

リラクゼーションショップのような居心地の良さで勝負していたが、そんなものは頭痛患者は求めてないことに気づいた男 日比大介

 

頭痛治療家を育てるメルマガに【無料】登録してください。

記事下部バナー
avatar
執筆者:日比 大介 (http://hidamari-shot.com/)

5年間、まったく人が来ない田舎の整体院から、「頭痛治療」に特化した整体院に変貌をとげて売上を月商200万まで持っていった男。全国で2000万人を救える頭痛治療技術の伝承のため2015年頭痛治療家を育てる日比塾を創設。後継者の育成につとめている。情熱的なトークと一人一人の身になって考える指導がウリ。一回目で効果の出る頭痛治療のビフォーアフターを素人整体師、セラピストに教えています。歌で世の中を変えることをビジョンに掲げ、ボランティア活動「肩こり体操ライブ」でも活躍中.NHK紅白歌合戦出演予定。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:0

※がついている欄は入力必須です

カテゴリー別で探す お悩みごと別でコンテンツを探す