整体技術
公開日:2016.11.01

【整体技術】頭痛整体院と普通の整体院との3つの違い 

頭痛治療家になった喜びとは?

6年間普通の整体師をやってきました。肩こり60分マッサージと変わらない普通の整体をやってきた。私は頭痛治療が得意だったため頭痛専門の整体院として生まれ変わった。最近は、整体の看板を掲げてる店がどえらい増えました。不景気の煽りを受けて、街にはリストラやうつ病人や仕事のない人が溢れてる。あなたは、まだ特徴のない整体師としてヒマで真面目な整体院を守り続けるのだろうか?私は、今新宿駅の地下のリラクぜーショップ「ラフィ○」を受けてきたところだ。丸の内線の地下鉄の雑踏の中でやっていて、この程度で繁盛してる。

しかし、私たち整体師の役割は、この雑踏の人たちの本当の悩みを解決することである。この町に頭痛治療家が舞い降りたらどうなるだろう?光を失った人々がわんさかあなたのお店を訪れることだろう。この手一つで人々の頭痛を治してあげるんだ!私は、期待で胸がいっぱいになった。リラクゼーションショップ「ラフィ○」では、達成できない役立ちをしよう。この世に役に立つこと=それが、仕事である。いい仕事は儲かるよ。

では、頭痛整体院と普通の整体院との大きな違い3つを教えよう。

1)役立ち感200パーセントである。

私が、頭痛治療家になって感じることは、人に役立ってる感覚がハンパないです。普通の整体院では、分数マッサージして「ありがとうございました。」「気持ちよかったです」とか感謝は浅いです。モミモミ系でもボキボキ系でも一緒です。先生の方が患者に気を使っていて、「また電話します」と言われてリピートも続きません。リピートしないということは、通いたくないということです。そして、心底ココじゃなきゃダメ!という唯一オンリーなあなたでないわけです。町には、コピー整体院ばかりで本当に人間に向きあってくれる技術と真心が合体した整体院がありません

「ここをやってほしい!」というところをやってくれません。足ツボで肩こりを楽にするっていうことや骨盤矯正をして体質改善するのもいいけど、ビシッと「そこだ!」といポイントを捉えて自律神経が調整されてその場で頭痛が取れてしまう「日だまりショット」は芸術的です。病院に行ってもどこに行っても治らない頭痛の人が笑顔になって「先生!ありがとうございます!」と感謝をいただく仕事です。こんなにやりがいのある仕事他になかなかないです。やりがいマックスの仕事です。この世に生きてる必要性を感じます。誰もいない静かなヒマ整体院にいた頃が懐かしい。

2)売上がハンパない。600パーセントの成長率

普通の整体院では、一回5000円とか6000円です。売上も頑張って予約満員にして100万円です。頭痛治療家は、70パーセントの予約率で200万円いきます。単価は、一回1万円以上をとっていくので一日10人の治療で、10万円です。20日営業で200万円です。

もう普通の整体院をやってるのがバカらしいです。患者さんも本当に喜んでくれてるかどうかもわからないモミモミ治療をやっていても虚しいです。尽くしても尽くしても100万円いかないんですよ。そんな仕事、やってる意味あるんだろうか?

本気でやれば月200万円いくのです。なぜなら、病院でも治せない頭痛を治すからです。あなたに真心があるならやってほしい仕事です。どれだけこの世に頭痛で苦しんでる人が多いんでしょう。この難しい社会の中で頭が痛くなってる人が多いんでしょう。偏頭痛の人は、日本に840万人ですよ。毎日頭痛薬を飲んで頭痛をごまかして生きてる人がいるのです。それを治すだけです。整体で肩こり頭痛(緊張型頭痛)は治せるが、偏頭痛は治せないと言われてます。その常識を打ち破ってるから売上がハンパないです。先日も一日で35万円を売上ました。そうゆう仕事なのです。人々の本当の苦しみを背負っていくのです。その対価を頂戴する仕事です。

3)5分治療だから疲れません。

先日も23名を治療しました。普通の整体では、23名もできません。そして、頭痛治療の痛みをとっていく施術は5分で楽です。全然体が疲れません。もちろん辛い人生を過ごしてきた人の悩みを背負うので、プレッシャーはあります。しかし、それがやりがいになります。中途半端な整体院はゴールがないですが、5分の頭痛治療で患者さんに感謝されたらどうですか?ダラダラお客さんの機嫌をとるおしゃべりやお茶出しサービスもいりません。患者さんは本当に悩んでる震源地をわかってほしい。頭痛治療家は、その悩みに狂いなくリーチします。患者さんは言います。「先生のところは、無駄がまったくないです。やって欲しくないとこやらないし、すべてが的確です。すっきり納得です。高額だと思いましたが、受けてみてその理由がわかります。」「私のこの頭痛を治すのに10万円なら一生の中で体に投資すべきだと判断しました。」「ここでちゃんと頭痛を治しておけば、残りの30年の人生が楽なら安いものだと思います。」と言ってくれます。どんな痛みにも「そこだ!」という震源地があります。その痛みの震源地のことを私は、「ここやマックス!」と呼んでいます。「ここやマックス!」が決まれば、頭痛は消えます。1時間も全身マッサージ整体していても納得いかなかった患者さんが笑顔になって帰るのです。患者にとっても先生に取っても楽な治療です。シンプルだからこそ習得は練習がいりますが、普通の主婦やOLでも真心のある方だったらできてしまう治療法です。まさに心と体に優しい整体法だと言えます。

まとめ:自己重要感抜群の仕事

先日、頭痛治療家になりたい先生と会いお話をしました。そこで一つ質問をもらいました。「これから時代もストレス社会で頭痛の人が増えてくる中で頭痛専門の整体も増えてくるでしょうね。」という話でした。多分、エセ治療家も出てくると思います。しかし、偏頭痛を治せないと思います。そうすると詐欺になります。だからこそ頭痛治療「日だまりショット」を正しく伝承することが大事だと心に命じています。人間をしっかり選んで入塾させることを心に決めています。

頭痛治療家の仕事は、上記3つで書いたように「自己重要感」抜群の仕事です。自己重要感とは、自分が重要人物だと人から思われることです。人生の幸せは、お金を得ていい車を買って、いい家を建てることだけではありません。人生の幸せは、自己重要感が満たされてることです。誰でもできる整体をやっていても、あなたをお客さんはあなたを重要視しません。別に他の人でもいいんですから。誰もできないお医者さんも薬も治せない頭痛を治す仕事をあなたも本気にやってみませんか?

一番大事なものは、「真心」だといつも思ってる日だまり整体院院長 日比大介

頭痛治療家を育てるメルマガに【無料】登録してください。

記事下部バナー
avatar
執筆者:日比 大介 (http://hidamari-shot.com/)

5年間、まったく人が来ない田舎の整体院から、「頭痛治療」に特化した整体院に変貌をとげて売上を月商200万まで持っていった男。全国で2000万人を救える頭痛治療技術の伝承のため2015年頭痛治療家を育てる日比塾を創設。後継者の育成につとめている。情熱的なトークと一人一人の身になって考える指導がウリ。一回目で効果の出る頭痛治療のビフォーアフターを素人整体師、セラピストに教えています。歌で世の中を変えることをビジョンに掲げ、ボランティア活動「肩こり体操ライブ」でも活躍中.NHK紅白歌合戦出演予定。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:0

※がついている欄は入力必須です

カテゴリー別で探す お悩みごと別でコンテンツを探す