マインド(考え方)
公開日:2016.11.09

整体院を成功させる3つの最強システムとは?

あなたの整体院を自動的に成功させる方法

整体院を経営するのに必要なシステムがあります。3本の柱から成り立っています。月収30万円ぐらいの普通の整体師は、システムが動いていません。たぶん、集客と治療の2つが精一杯でしょう。まあ集客と治療だけでも100万円稼げますが、それは一瞬の勢いで行けるのであってシステムにしないと毎月全力でやらないときついです。

では、どうやったら毎月うまく回っていくのか?新規がちゃんと来て、ず〜っと通ってくれる治療院になるか?ということですが、3つをちゃんと回していれば、ファンばっかりの整体院になります。この3つ柱のどれが欠けてもアウトです。世の中の整体院は、ほとんど1本の柱で戦っています。私もそうでした!勝てるはずがない。それは奇跡も起こらないぐらい大変なことです。では、整体院を成功に導くシステムを紹介しましょう。

1)マーケティングシステム

あなたは、マーケティングという言葉を聞いたことがありますか?マーケット(市場)の進行形ですね。集客とマーケティングを同義に捉えている人が多いですが、違います。集客活動は、マーケティングの中の一部です。経営の神様ドラッカーは、「マーケティングとは、セールスを不要にするものである」という有名な言葉を残しました。セールスとは、「ねえネエ、買って!買って!」と売り込むことです。「いらっしゃい〜 いらっしゃい〜〜」ってやつですね。売り込めば売り込むほど人が遠ざかっていくのはよく聞く話です。これはダメです。マーケティングは、売りこまずとも自動的にお客が商品を買いつづけてくれるようにすることです。

例えば私の整体院のマーケティングでは、頭痛患者さんがホームページを見て予約をして通っていきます。これは自動的な流れになっています。この流れ=システムを作ることがマーケティングなのです。そこには、市場調査(頭痛患者さんがどこにいて、どんな悩みを持っていてというリサーチ)が必要ですし、どんな媒体に反応するかのテストも繰り返し必要なのです。そして、治療を受けてもらった感想をお客さまの声として集めてホームページやチラシに乗せてリリースしていく活動もマーケティングの大事な活動です。

よくみんな忘れてるのが、分析です。ターゲットを決めて集客したら、現状分析が必要です。そのデータに基づいて、次なるテストを仕掛けていくのです。ダン・ケネディというアメリカのマーケッターがマグネティック・マーケティングという言葉を使っています。磁石のようにお客が集まるシステムがあればいいですよね!?あなたもマーケティングを学びましょう。ただ集客するだけじゃない。そこに戦略が必要なのです。参考文献はこちら

2)治療の仕組み

あなたは、治療の理論を持っていますか?100人治療しても同じ効果の出る治療システムを持っていますか?私は、頭痛を治すのに同じシステムを使っています。筋肉も骨もツボも神経も人間は同じ構造をしています。頚椎2番をどうやってズレを治していけば、頭痛が取れるか?を理論と実践でシステム化しています。だから、偏頭痛患者さんが何百人、何千人来ても同じような結果を出すことができるのです。

これを当てずっぽうに治療していたら、治ったり治らなかったり、毎回心配になります。心配な整体院はイヤですよね。自信持ってビシッと治してほしいですよね。そうゆう治療院、実は少ないのです。適当な骨盤の高さの違いや姿勢の問題言われて、適当に揉まれて、適当にボキッと矯正されて「何か気持ちよかったし、スッキリしたかな」という雰囲気だけで痛みが取れてなかったりします。それは、痛みの発現する根っこの「痛みの震源地」にリーチしてないから治らないのです。

治療は、どこが原因か?を発見することが90%です。医者は、原因を見つけることが苦手です。ストレスや姿勢、冷えなどを指摘するのみであとは薬物療法で病気を打ち倒す治療です。整体は、自然な流れを阻害している原因を特定して、その「つまり」を抜くことです。そうするとウソのように体が楽になります。その仕組みがはっきりわかってると治療は簡単なのです。難しいのは、人の心です。そこで、先生であるあなたの人間力、人間性が問われることになります。真心と言ってもいいでしょう。治療をシステム化して、真心込めれば完璧です。あなたもそんな整体師・セラピストであることを願っています。参考文献はこちら

3)圧倒的なマインドシステム

整体院経営って孤独です。社長の仕事は孤独です。あなたがもし一人整体院の先生なら、いろんな日があるでしょう。全く電話のかかってこないヒマな日、ドタキャンされてショックを受けた日、返金要求があってハートブレイクした日、イヤな患者のイヤな雰囲気をもらちゃった日、いろんな日があります。

あなたはどんな感情で経営していますか?売上の浮き沈みで疲れきってはいないですか?それは余計は疲れですよ。そこで大事なのが、「マインド」です。マインドセットとも言います。考え方と訳されますが、マインドが強い人は患者さんをどんどん集めてどんどん治してファンをガンガン作っていきます。リピート患者だけで100万円以上の売上があれば一人整体院ならまず安泰でしょう。そこまでどうゆうマインドで行くか?それは、

人・場所によって育てられるのです。

あなたは、誰に憧れてこの道を進んでいますか?あなたの志はありますか?あなたの心の支えとなるビジョンをしっかり持っていますか?あなたはどんな旗を立てて進んでるのでしょう。未来をどんな風景にしたいのか?それを誰のためにどうして実現したいのか?そこがしっかりとわかってるとマインドは強化されます。マインドは根性とは違います。考え方なので鍛えるものではないです。少し考え方を変えるだけでものすごい強靭なマインドセットになったりするのです。

今の私が吉田松陰先生を見ながら毎日を勢いよく過ごせるように、あなたのメンター(師匠)なり憧れのスターを見つけましょう。そして、あなたのテンションの上がる場所を見つけましょう。ちなみに今私は、東京表参道のスタバでこの記事を書いています。ここで世界のことを考えるのが大好きなのです。世界のハッピーを考えるとワクワクしてきます。

だから付き合う人によっても自分が変わりますね。気をつけるべきは、家族や友達です。パートナーや友人の考えは、だいたいザコな考えです。だって、サラリーマンやそんなに売れてない自営業者の小さい考えです。あなたがその殻を破らないと永遠に自由になれません。相手を変えることは不可能です。自分の考えを飛躍させることで周りまで変わっていくのです。ロマンを語れ!あいつバカだなって思われるぐらいハミ出てなければ、成功をおさめることはできないでしょう。成功してる憧れの存在の波動に触れていることです。そして、ザコな波動を断ち切ることです。

非凡なマインドは、凡人のマーケティングと凡人の治療を非凡にさせます。つまり熱です。ハイトーンな情熱が必要です。周りのお店は、ほとんど売れていません。その人たちと同じ考え・同じ感情・同じようなビジョンでは、雑踏に埋もれてしまいますよ。あなたが、この町をどうしたいのか?お店だけじゃなくて、あなたの住むこの国、この町、未来を考えたことありますか?そこに想いがあるからこそ、今のあなたのお店の必要性が浮き彫りに見えてくるのです。参考文献はこちら

まとめ:があるやつが勝つ

私は熱がない人が嫌いです。理論でうまくいっても喜びを感じません。そうゆうタイプです。ロマンティストだから、クリスマスの時に部屋を飾りつけしたりムード音楽をかけたりするのが好きです。ロッキーのテーマをかけてトレーニングするのが好きです。いつの間にか心に火がついてロッキーになったような気になって幸せな気分になります。

無駄があっていいと思うし、失敗があっていいと思うし、くじける時があっていいと思う。そうゆう人生だからこそ、患者との絆を築きあげることができると信じている。イヤなのは、今ダメだから全部ダメだと決めつける考え方だ。一人整体院をやってると、今お客がいないとそのことで悩むけど、それはもう一ヶ月先のあなたが何もやってなかったことの結果が今出てるだけなのだ。今やれば、一ヶ月後結果は出てくる。そうゆうシステムを組むのです。

最後に・・・

新しいノートを買って、人に会いに行け!あなたの好きな場所へ行け!

20代は歌が売れなくてずっとイジケていた遠回りの人生を歩いていた男 日比大介

頭痛治療家を育てるメルマガに【無料】登録してください。

記事下部バナー
avatar
執筆者:日比 大介 (http://hidamari-shot.com/)

5年間、まったく人が来ない田舎の整体院から、「頭痛治療」に特化した整体院に変貌をとげて売上を月商200万まで持っていった男。全国で2000万人を救える頭痛治療技術の伝承のため2015年頭痛治療家を育てる日比塾を創設。後継者の育成につとめている。情熱的なトークと一人一人の身になって考える指導がウリ。一回目で効果の出る頭痛治療のビフォーアフターを素人整体師、セラピストに教えています。歌で世の中を変えることをビジョンに掲げ、ボランティア活動「肩こり体操ライブ」でも活躍中.NHK紅白歌合戦出演予定。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:0

※がついている欄は入力必須です

カテゴリー別で探す お悩みごと別でコンテンツを探す