太陽のような愛を持って、頭痛の人を救っていこう

頭痛治療家を育てる日比塾

MENU
マインド(考え方)
公開日:2017.07.23

【セラピスト開業】整体サロンをもっと楽しく経営する方法とは?

「感情」を使わないシステムにしよう!

整体院を経営する時に大変なことの一つは、「感情」に振り回されることです。例えば、新規の電話が一人来て「やったー!」と喜んだり、ドタキャンがあって「あ〜あ」とため息ついたり、出来事が起こるたびに反応しているとめちゃくちゃ疲れます。この振り子のように動く感情を経営と切り離しましょう。あなたは、どんな心の状態で整体院をやってるのでしょう。

理想は、どんな風になっていたいですか?

いつも涼しい顔で、次から次へと治療できていたらいいでしょう!是非、そんな達人整体師になってください。

では、真面目で心優しいあなたが、陥ってしまう「感情のトリコ整体院」からどうやって「自由で楽しい整体院」になれるか?を伝授しましょう。

1)新規集客を「システム」化すること

整体師の悩みの第一位は、新規が来ないことです。あなたのお店に人が来ないからそんなに落ち込んだ暗い顔になるのです。そうすると余計に来なくなるのです。悩む前に人を集めろ!といいたいですが、新規を集めるシステムを作ってください。得意のパターンを作るのです。広告から集客するパターンと紹介で集客するパターンがあって、あなたの場合どのルートからが得意か?分析してみましょう。(広告やってなくて悩んでる人は、速攻やった方がいいです。作りかたは、この記事を見てください。(広告の作り方

どの広告でどの地域からくるのか?得意パターンかがわかったら、そのルートの広告費を多くすればいいのです。そして、新規集客で一番陥るワナは、新規を取りに行くやり方です。攻めていったら逃げますよ。セールスを仕掛けに行ってはダメです。「来い!来い!」とオラオラ系の勢いで攻めてこられると逃げたくなります。

玄関先に来るセールスマンと何ら変わらないです。整体院=治療院は、「治療できる!」「治せる!」という誰も持ってない武器を持ってるわけですから、「磁石」のように人を吸い寄せるマーケティングをすることがとっても重要です。磁石ですよ。あなたに引力ありますか?私は、毎日神社に行ってパワーを磨いてますよ!(本当です)広告って不思議で、「思考は現実化する」という出来事の玉ものです。作った自分がワクワクする作品を作ってくださいよ。そんな義務感バリバリのチラシでは反応取れないのです。

新規集客には、日程管理がとても大事ですよ。11月の集客がうまくいって喜んでいるとドツボにはまります。もっと長いスパンのシステムを作るのです。あなたは、半年先、1年先までの数字を決めていますでしょうか?未来を決めてないから、いつも毎月毎月ギリギリ作戦で「感情」が焦り苦しむのです。1ヶ月は、30日です。その月の25日過ぎてから来月の集客を予定していたら完全にアウトです!ホッとすると本当に人が来なくなるのです。

何回も経験してわかることですが、集客のシステム化です。毎月の新規を何名どこから取るかを年間通して決めておくことです。あとは、その釣り場に行って糸を垂らしているだけです。焦って、自分から池の中に飛び込んではいけません(笑)全員逃げますよ!計画通り実行しましょう。経営は、先を見て玉を仕込んでいくことです。淡々とやってください。新規1名来て「yeah!」って言っててもどんな人かわからないし、ちゃんと治療を受けてお金を落としてくれるかもわかりません。そして、ずっと通ってくれる保証もありません。

新規より今の患者さんを大事にすることです。そうすると新規も来るようになったりするのです。視点を自分ではなく、患者視点に持っていく癖をつけることが商売の鉄則だと思います。ちょっと自信つけると、自分視点に変わってしまうので気を付けましょう。

2)治療を「システム」化すること

治療こそ完全にシステムです。野球に例えましょう。バッターの打った球がショートゴロで転がっていきました。ショートの選手は、転がってきた球をピッと取って、ファーストにピッと投げる。アウトです。全然感情も使ってないし、頭も使ってない。体が勝手にショートゴロを処理しただけです。このパターンだったら、こう!このパターンだったら、こう!という流れがシステムになってるとめちゃくちゃ楽です。

治療でも毎回汗水たらして、「この骨がこうズレてるから、「ココを決めるぜ!」と気合いでやっていたら疲れるし、うまくいかないのです。治療は、簡単なのです。ポイントをパッと捉えて、スッとつまりを抜けば痛みが消えるようになってるのです。人間の体自体が、システムなのです。血液循環システムが備わっていたり、ホルモン分泌のシステムが備わっています。消化器系、呼吸器系など「系」という名前がついていますが、あれは、システムという意味です。消化システムです。

あなたの治療もどんな人も同じパターンでやる「型」を持つことがブレをなくす最大の武器になります。「型」は師匠に教わりましょう。そして、数を重ねて体に叩き込みましょう。姿勢やタッチ感などをシステムにするのです。そうすれば、毎回イチイチ緊張することなくなります。まず、治療には、勘所(かんどころ)があります。これが外れてると似てても全く治りません。これを私は「ここやマックス!」と呼びます。

「ここやマックス!」が決まってれば、治ります。決まらないと治りません。どうか念力で治そうとするのをやめましょう。「型」を身につけて、「ここやマックス!」を決めることです。治療には、理論も感覚もどっちも大事です。理論と感覚の両輪をシステム化させることです。感覚までパターンになってくるのです。例えれば、あみだくじの100本おぼえておけば、100個の答えはわかるはずです。101個目が出てきても、92番目と似てたりします。そうやって、自分の適応範囲を広げていくのです。治療もシステム化して、パパッとできるようにしましょう。

3)話のパターンを「システム」化すること

整体は患者さんとあなたの1対1でやる以上人間関係が大事です。あなたは、人間に興味がありますか?商売は、人間を愛することに他なりません。まず、人が嫌いな人はこの仕事は辞めた方がいいです。ストレス以外の何ものでもないです。ではあなたが、人を愛する能力を持っているとしましょう。愛するシステムを作りましょう。愛にもシステムがあります。

例えば、ここに2人の先生がいます。ひとり目は、自己愛整体師。自分の話ばかりしてる整体師がいます。自分の治療技術の素晴らしさばかりを語り、効果効能を宣伝しています。治療が終わると、アドバイスがやたら長い。ヒマだから余計に長くなるのでしょうが、自分の話を押し付けてくる先生。このタイプは自己愛に陥っています。ヒマな整体院の先生に多いタイプです。

もう一人は、慈悲愛整体師です。患者さんの悩みについて詳しく聞いています。頭痛が起こってきた人生の背景の部分や患者さんの興味のある趣味の世界に興味を持って話を聞きます。そこで、先生の思ったストレートな感想を患者さんに言います。さあ、どっちの先生の治療が効果を出すでしょう。これは言わずもがなですね。

この事実を本人が気づいてない場合が多いのです。ポイントは、視点が自分視点か患者視点かどっちになってるか?です。このスイッチだけで治療の効果が全く違うし、リピート率も全然違うのです。外から見てれば一目瞭然なんですが、これが気づいてないとやばいです。愛は、つねに与えるものという言葉があります。トルストイの言葉だったと思いますが、愛はシステムなのです。「いいね!」のボタンを押してもらうと嬉しいじゃん。そのボタンを先に押してあげるシステムをあなたの整体院に導入しましょう。

4)毎日の行動を「システム」化すること

あなたは、何時に起きてますか?ヒマな整体師は、7時とか8時とかサラリーマンと同じ時間に起きてますよ。そのシステムじゃあつねに追われる気持ちになってしまいます。仕事は、追われるものではなく、追っかけるものです。先に先に先手必勝に世の中に爆弾を仕掛けていくことです。それが、人々を喜ばせる方法です。あなたは、爆弾野郎になるのです。とか言って、東京出て言って路上ライブやっても誰も聞いてくれません(あ、これは私の話です(笑))そうゆう突拍子もないことしなくても、毎日の行動を「システム化」するだけで世の中の爆弾野郎になることができるのです。

成果を生むためには、成果を生む時間を作ることがとても大事なのです。私がダメだった時は、ダメだからといって焼き鳥屋に行ってビールを飲んでいました。誰がどう見ても結果でないでしょう。やる奴ってそうゆう時間を次なる作戦に費やすのです。子育てに忙しければ、朝早く起きて自分の時間を作る。奥さんとの時間を大切にしたいなら、夕方の3時間は行きつけのカフェにこもってチラシを作るとか決めてやる。そうゆう人が「もうダメだ〜〜!」って嘆いて逃げようとしてる時に「ここが勝負だな!」って思って時間を作るのです。

早起きシステムが一番わかりやすいかな!?誰も起きてない静かな時間を使って、めちゃクチャ頑張るのです。そして、それが1か月経ち2か月経つと大きな差になって出てきます。1日2時間やってるシステムでも1年やったら700時間超えます。700時間を何に使いますか?それが、あなたのシステムです。

5)落ち込みから脱出する方法をシステム化すること

これも大事なことです。人は一人だけで生きてないので、いろんな日がやってきます。日本人はクヨクヨ落ち込む人が多すぎる。いつまでも事件のニュース見て暗くなってるけど、今は今や!これからどう生きていくか?どうゆう未来を作っていくか?のビジョンを持って生きるのだ。今日、キャンセル食ったことをいつまでも引きずるな!そんなもん10分で回復せよ。人生には、嵐がいっぱいやってくる。そのたびにクヨクヨしてる弱腰整体師は、人のことを支えられんよ。

過去にこだわって、「私はダメだな〜」とか「どうせ私は」っていう整体師は、売れない。永遠に売れない。だって暗いもん!暗い人のとこに人は集まらん。単純なシステムです。この自然界のシステムを理解できたなら、早く落ち込みから脱出するシステムを習得しましょう。一人整体院は、孤独なシステムです。その孤独をどう楽しむか?です。

私も過去のクヨクヨしてた人間です。だから焼き鳥とビールだったのです。今も行きますよ。でも、その理由が違いますね。祝勝会です。毎日が祝勝会です。その転換点は、視点です。自分の売上ばかりにフォーカスするとイヤな顔になります。お金は、人を喜ばせた分だけ入ってきます。人を喜ばせることにフォーカスすると落ち込みから脱出できるのです。現代社会の病巣をあなた自身が打ち破ってください。きっとあなたならできます!

まとめ:情熱男は、システム男です。

こんな情熱の男でさえシステムにしてるのです。感情の振り子のないあなたこそシステムにしないと余計なところで疲れます。本領発揮は、基本のシステムが稼働してるからいいパフォーマンスができます。つまり、いい歌を歌おうと思っても、いい曲がないと歌えないのです。いい曲は、システムです。いいシステムを作っておいて、そのシステムの中でいい歌を歌うのです。あなたは、あなたのシステムの作曲者です。会社の場合は、会社がシステムを作っているから居心地悪かったりするけど、守ってれば給料もらえるセーフティネットがあるわけです。あなたは、一人整体院の社長なので、あなたがうまく回るシステムを作らないといけません。あなたのパフォーマンスが最大限に発揮させることのできるシステムを作りあげてください

整体経営は、最高の商売です。本気で人を喜ばすシステムを開発してください。楽しみにしてますよ!

頭痛治療家を育てるメルマガに【無料】登録してください。

記事下部バナー
avatar
執筆者:日比 大介 (http://hidamari-shot.com/)

5年間、まったく人が来ない田舎の整体院から、「頭痛治療」に特化した整体院に変貌をとげて売上を月商200万まで持っていった男。全国で2000万人を救える頭痛治療技術の伝承のため2015年頭痛治療家を育てる日比塾を創設。後継者の育成につとめている。情熱的なトークと一人一人の身になって考える指導がウリ。一回目で効果の出る頭痛治療のビフォーアフターを素人整体師、セラピストに教えています。歌で世の中を変えることをビジョンに掲げ、ボランティア活動「肩こり体操ライブ」でも活躍中.NHK紅白歌合戦出演予定。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:0

※がついている欄は入力必須です

カテゴリー別で探す お悩みごと別でコンテンツを探す