整体技術
公開日:2016.12.30

【整体技術】偏頭痛整体の奥義とは?〜タッチ習得の秘訣〜

長年の偏頭痛を治す整体法

整体技術を指導していく中で一番難しいのが、タッチの習得である。これは、いろんな患者さんを治療して身につけていく感覚です。しかし、なるべくわかりやすく最短距離で頭痛治療を学んでほしいといろんな指導法をかんがえている。今回は、塾生が開業する祝いを兼ねてこの偏頭痛整体の極意を特別公開したいと思う。

あなたが、整体技術を学ぶのに色々苦心してるならこのビデオを見て何かを感じ取ってほしい。2016年は、この偏頭痛を治す技術「日だまりショット」で2000名以上の頭痛患者さんを笑顔に変えてきました。

 

こんな簡単そうな技で?と思うでしょう。

これが意外と難しいのです。ビデオでは笑っていますが・・・・

 

日本中が笑顔になるように、暗い家庭に明るい灯りがともっていくように、あったかい日だまりがあなたの町に溢れるように心を込めて、この頭痛治療を広めていきます。

では、新曲「ツーソング」とともに偏頭痛整体「日だまりショット2」を紹介しましょう。

圧をかけるタイミングは、とても重要です。

偏頭痛を治していく手順は以下の通り

1)頚椎2番のズレを発見する。

2)側臥位にして、偏頭痛の出ている側を上に寝てもらう。

3)皮膚・筋肉を指で捉えて、圧をかける。

4)3秒押圧する。同時に患者のコメカミに圧痛が走る。

5)2秒静止をキープ。浸透圧がかかっていく。頭部全体と目の奥への流れが良くなる。

6)ゆっくりと圧を抜いてくる。

この1連の流れを痛みで強く出ている方(頚椎2番ズレ)を重点的に行っていきます。

偏頭痛は、頚椎2番のズレが原因で起こることが多いのでわざと偏頭痛を引き起こすルートを再発させて治していくのです。これは、かなり効きます。重症者だと、一旦頭痛がひどくなるが、そのまま治療を継続させていくと頭痛薬の生活から脱出することができるようになります。日本の840万人が偏頭痛だと言われています。あなたも整体師として、頭痛を治す仕事をしてみませんか?

現在、頭痛治療家を育てる日比塾では、無料体験会を実施しています。本気で学んでみたい方は応募してください。(1月1日締め切り)

【整体セミナー】頭痛整体「日だまりショット」体験セミナーを開催

頭痛治療家を育てるメルマガに【無料】登録してください。

記事下部バナー
avatar
執筆者:日比 大介 (http://hidamari-shot.com/)

5年間、まったく人が来ない田舎の整体院から、「頭痛治療」に特化した整体院に変貌をとげて売上を月商200万まで持っていった男。全国で2000万人を救える頭痛治療技術の伝承のため2015年頭痛治療家を育てる日比塾を創設。後継者の育成につとめている。情熱的なトークと一人一人の身になって考える指導がウリ。一回目で効果の出る頭痛治療のビフォーアフターを素人整体師、セラピストに教えています。歌で世の中を変えることをビジョンに掲げ、ボランティア活動「肩こり体操ライブ」でも活躍中.NHK紅白歌合戦出演予定。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:0

※がついている欄は入力必須です

カテゴリー別で探す お悩みごと別でコンテンツを探す