太陽のような愛を持って、頭痛の人を救っていこう

頭痛治療家を育てる日比塾

MENU
整体院集客
公開日:2017.01.05

【整体院の集客】ホームページで反応出せない整体師のあなたへ

整体院のホームページ戦略とは?

整体院のホームページは持っていますか?今の時代、ホームページがないときついですよね。しかし、集客できてるか?というとなかなか難しいのが現状ではないでしょうか?ホームページで反応を出していくには、ポイントがあります。ここでは、整体院がホームページを作って反応ない場合のとても重要な大問題についてお話ししたいと思います。もし、あなたがこの問題を知らずに整体院集客のためのホームページやってるとすれば、反応なくて当たり前なので気を付けましょう。

では、反応ない人のタイプを3つに分けましょう。

1)ホームページのメッセージが悪い

ホームページで反応が出ない特徴は、何を言ってるかわからない。わかりにくい。ということです。「肩こり」もやる。「腰痛」もやる。「膝」もやる。「スポーツマッサージ」もやる。ダイエットコースもある。何をやろうとしてるか?わからないページです。これは、反応取れません。「一体お前、誰やねん?」という疑問がわくページはダメです。もう一度、あなたのホームページを開いてみてください。パッと開いた時に、何をやってる整体院か?がわかるかどうか!そのメッセージ性です。先生がどんな人で何をしてくれて、どんな人が来ていて、何屋なの?という質問を一瞬で返してくれるようなホームページがいいサイトです。ほとんどの整体院が、「肩こり」も「腰痛」も1ページ内でなんでも対応しようとするから、誰に対して言ってるのか?全然わからなくなるのです。「先生が高い技術を持っていて、色々できるのわかったけど、じゃあ私に適うんですかね?」ということです。調べた人の要求のスパッと返してあげるメッセージを持たせましょう。

2)ホームページのデザインが悪い

ホームページは、紙媒体と違って清潔感が大事です。パッとページを見た時のインパクトは重要ですが、汚いデザインだと特に女性は来てくれません。よく自分で撮った下手くそな写真やなぜか花の写真や自分の子供と旅行に行った写真が載ってる整体院のホームページを見ますが、見たくないでしょう。写真はとても大事です。自分で作ってもいいんですが、デザイン下手だと気持ち悪いです。院の雰囲気や先生の表情、色の使い方、バランス、字体、字の太さ、大きさ、矢印のインパクト、画面スクロールの流れ、スマホ用画面のわかりやすさ、予約ボタンの押しやすさなど「整体院の集客する」ためのデザインになってることです。儲かってない整体院は、自分で無料ホームページで作ってる人が多いのでデザインが不潔で雑です。センスを磨きましょう。それは、いろんな広告を見て真似することです。お客さんから見た場合、イケてるデザインなのか??患者さんに聞いてみましょう。整体師は、自分に酔ってるナルシストが多いので人に聞きません。自分の作ったデザインをお客またはお客になりうる人に評価してもらいましょう。

3)業者まかせで”魂”がこもってない

整体院のホームページ集客を担うプロの業者が増えています。あなたも「整体院ホームページ制作」または「治療院ホームページ制作」でネット検索してみてください。年々、業者が増えています。それだけ整体院で集客に困ってる先生が多いということです。あなたの整体院にもホームページ業者から電話がかかってくるでしょう。すごい数のホームページ屋さんが集客を電話でしています(笑)そこであなたに伝えたいことは、言いなりになるな!ということです。つまり、ホームページ屋さんは、売上がほしいわけです。契約がほしいわけです。契約取れるとテンプレートで作る流れ作業で仕上げてしまう業者が多いようです。何しろ数をこなさなきゃなりませんからね。

【たった90日で月30名を超える集客を超えるホームページを作ってみませんか?】みたいな殺し文句に踊らされて、業者任せにすると後の祭りです。私もずっと自分で作って月20名以上の反応を出してきた愛する我がホームページをプロにお願いすることにしました。プロに委ねてみてわかったことは、業者は先生本人ではないため、先生の熱を込めるにはかなりの「すり合わせ」が重要ということである。広告は、温度です。ラブレターと同じです。その手紙に温度がなければ反応しません。デザインだけ綺麗でも想いが伝わってこなければ、アウト!です。そこをわかってホームページ管理をしてる整体師は少ないです。

そこで私は、ホームページ業者にかなり指示をして自分の治療院に対する「想い」を「まだ見ぬ頭痛患者に伝えたいこと」を何度も何度も伝えています。ホームページ作りは、センスがいります。センスのない人に頼むと全然想いの違ったものができてきます。先生が芯まで納得できるまで、とことんホームページ業者と打ち合わせをするべきです。このことは、家を建てることに似ています。工務店・建築士との打ち合わせをないがしろにしてると、全然思ったものと違ってできてきます。もし、プロに注文するなら事細かくあなたの想いを伝えましょう。

まとめ:「想い」の載ってないホームページはアウト

ホームページは、デザインがいいものを作るために作るわけではありません。あなたの主張を載せるために作るのではありません。集客するためにホームページを作るのです。プロが増えすぎて、整体院のホームページはみんな同じようなテンプレートばかりです。「味がないね〜」とつぶやきたくなります。あなたの「味」を出してください。せっかく人間味のある愉快な先生なのにホームページ見ると普通だったりする。毎日、自分のホームページを開いて、チョコチョコ修正して行ってください。毎日見て修正してると、あなたの味が出てきます。首・肩が凝りますが、本気で集客できるページができます。常にあなたのページを見てる人を意識して、「想い」を伝え続けてください。

熱い想いがいっぱいでよく空回りして疲れてしまう首がよく凝る整体師 日比大介

頭痛治療家を育てるメルマガに【無料】登録してください。

記事下部バナー
avatar
執筆者:日比 大介 (http://hidamari-shot.com/)

5年間、まったく人が来ない田舎の整体院から、「頭痛治療」に特化した整体院に変貌をとげて売上を月商200万まで持っていった男。全国で2000万人を救える頭痛治療技術の伝承のため2015年頭痛治療家を育てる日比塾を創設。後継者の育成につとめている。情熱的なトークと一人一人の身になって考える指導がウリ。一回目で効果の出る頭痛治療のビフォーアフターを素人整体師、セラピストに教えています。歌で世の中を変えることをビジョンに掲げ、ボランティア活動「肩こり体操ライブ」でも活躍中.NHK紅白歌合戦出演予定。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:0

※がついている欄は入力必須です

カテゴリー別で探す お悩みごと別でコンテンツを探す