独りごと
公開日:2017.07.03

心に太陽を燃やせ

あなたは、燃えるタイプですか?

人間には、燃えるタイプの人間(自燃性)と燃えないタイプ(不燃性)に分かれます。そして、火をつけてもらえば、燃えることができるタイプ(他然性)なら大丈夫ですが、どうせなら自分から燃えてみませんか?私は、自然性のタイプです。自分から勝手に燃えてくるのです。燃えると言っても、体がボーボー燃えるわけではありません(笑)

結果を出していく人って、「情熱」があります。そして、やる気ない、腐ってる暗い人は、どうやってもダメな結果が出ます。なぜか?わかりますか?それは、人は、「熱」で生きてるからです。熱は、伝導するのです。あなたの体温は、何度ですか?36.5度ぐらいかな。体も温度なら、心にも温度があります

人を好きになるときに、パーって心が熱くなりますね。「あれ」ですよ!恋じゃなくても、燃えてくる何かがあるのです。あれは、なんでしょう。あの心の奥底にある「マグマ」の正体は、何か知ってますか?

体が冷え性なら、心まで冷え性になったらいけませんよ。

現代は、パソコン社会です。検索、検索、すぐに検索です。なんでもググって正解を出します。頭を使って答えを出す時代です。頭で考えて出した答えは、何かしっくりこないことも多いです。その納得いかなさが、大問題なのです。

人を好きになる理由をググっても出てきません。理由なんてないのです。魂が震えるから、共鳴するから好きになるのです。

頭で考えすぎて、血が頭に登って頭痛になります。そして、心が冷えてきます。心の冷え性になっちゃダメですよ。心も体もあったかいのがいいです。あっためるには、「情熱」を持つことです。自分から燃えるか?人に火をつけてもらうか?しかないです。

失敗してもいいから、燃えましょう!素直に夢に向かってまっすぐ生きましょう!社会の決めた小さいスケールに体を捻じ曲げて合わせるのをやめましょう。心の冷え性とは、うつ病のことです。これは、退屈病です。

何かに向かって生きることです。自分の魂が喜ぶように、魂が喜ぶ納得がいく仕事を選び、納得がいく人生をその手でつかんでいくことです。

答えのない直感こそ、「使命」なのだ!魂が納得言っとるんだ!

自分に火をつけて、燃える方法は、ただ一つです。夢に向かって生きることです。現実をこなすことで追い回されたとしても、夢をはっきり持つことです。あなたは、本当は、どうしたいのか?どうゆう状態ならハッピーなのか?を夢見よう!今の現状を嘆いているクセがついてるなら、そこから目を離しなさい。

そして、空を見上げて、「何のためにこの世に生まれてきたのか?」の意味を追求しよう。私は、世の中のムードメーカーとしてこの世に送られてきたと思っています。この雰囲気の暗い日本の空気を明るくするために生きています。経理でソロバン叩いていても、「情熱」がわかずに会社を辞めました。でも、空を見上げて、でっかいスケールのライブをやることには、無尽蔵の「情熱」が湧いてくるのです。全然「苦労」に感じないのです。

 

あなたは、どんな夢を持って生きていますか?

 

それでは、火のつかないあなたのために私の人生の歌をプレゼントしましょう!この曲は、路上ライブでよく歌っていた歌です。ずっとこの「熱」を持って生きていくのです。

あなたもどうぞ、この人生に燃えてください!

旅に出ようぜ 世界中の人々の表情と暮らしを見つめに行こうぜ

海に行こうぜ すげー広い いつか夢見た でっかいものを抱きしめに行こうぜ

まっしぐらにかけていくのさ まっしぐらにこの身を

真っ暗がりに転げ落ちて 何かをつかむだろう 心に太陽を燃やせ

 

夢を見ようぜ 人生の たった一つの 一回きりのダンスを踊ろうぜ

まっしぐらにかけていくのさ まっしぐらにこの身を

真っ暗がりに転げ落ちて 何かをつかむだろう 心に太陽を燃やせ

(歌・曲 日比大介)

頭痛治療家を育てるメルマガに【無料】登録してください。

東京ライブ12.23
東京ライブ 横バナー
記事下部バナー
avatar
執筆者:日比 大介 (http://hidamari-shot.com/)

5年間、まったく人が来ない田舎の整体院から、「頭痛治療」に特化した整体院に変貌をとげて売上を月商200万まで持っていった男。全国で2000万人を救える頭痛治療技術の伝承のため2015年頭痛治療家を育てる日比塾を創設。後継者の育成につとめている。情熱的なトークと一人一人の身になって考える指導がウリ。一回目で効果の出る頭痛治療のビフォーアフターを素人整体師、セラピストに教えています。歌で世の中を変えることをビジョンに掲げ、ボランティア活動「肩こり体操ライブ」でも活躍中.NHK紅白歌合戦出演予定。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:0

※がついている欄は入力必須です

カテゴリー別で探す お悩みごと別でコンテンツを探す