日だまりショット
公開日:2018.03.29

偏頭痛のお母さんが笑顔を取り戻した日

「日だまりショット」は心の整体

頭痛整体「日だまりショット」は、頚椎2番という自律神経の反応点に対して直接アプローチしていくので、頭痛が出なくなってくると同時に「心」が楽になっていく治療法である。

人間は、体と心を持っています。体は、目に見えますが、心は目に見えません。しかし、ストレスから胃が痛くなる。上司のプレッシャーで頭痛になるとか、心が病むことによって、体に不調が出ることがよくありますね。これは、体を無意識にコントロールしている自律神経のおかげです。大好きな人が目の前にくると恥ずかしくなって、心臓がドキドキしてパッと顔が赤くなるのはそのせいです。

もし、毎日が心が楽だとあなたの健康状態はどんな風に変化していくことでしょう!?西洋医学では、心の対して心療内科という心の専門家があります。私たち頭痛治療家は、体にアプローチすることで、自律神経のバランスを整えていきます。

まさに頭痛整体「日だまりショット」は、「心」の整体だと言えるでしょう。今回ご紹介するのは、50代主婦で長年の偏頭痛で悩み、家族にツラい顔を隠しながら頑張ってるお母さんです。「日だまりショット」を受けて、偏頭痛からの解放、笑顔を取り戻し、明るい家庭の「太陽」になっています。ぜひ、インタビューをご覧ください。

「お母さんは、家庭の太陽です!」

Q 来院する前にどんな悩みを抱えていましたか?

初めてきたのが、1ヶ月前でした。私は50代なんですが、30代から肩こりがひどく、首もパンパンで、更年期を迎えどんどん体調が悪く、偏頭痛がありました。常に頭痛薬・鎮痛剤が手放せなくなっていました。

Q 頭痛でつらい時は、どんな対処をしていましたか?

湿布を貼ったりして対応していました。でも、湿布も頭痛薬も体によくないと思いできるだけ1日一回にしていました。でも、主婦をやってるから、朝起きた時から「あ〜つらい。頭いたーい」って私がなると、家庭が暗〜くなってちゃうんですよね。」「だから無理してでも、薬飲んでも明るくしなくちゃいけない!」という気持ちになっていました。お母さんだから、家族の太陽じゃなくちゃいけないと頑張っていましたが、ここ一年ツラくてツラくて、耐えていました。

Q どうしてココを知ったのですか?

ネットで調べて先生のここが出たんです。「頭痛専門」とうたってあるから、もっと遠方かと思ったら、車で数分のところでビックリしました。「ちょっと騙されたと思って行ってみようかな!?」と思いました。

でも、施術料金がけっこう高いじゃないですか!でも、騙されたと思って一回行ってみようと思って受けにきました。

Q 半信半疑で受けてみた結果どうなりましたか?

最初先生の会ったとき、「私は、主婦やっていてお金も限られています。4月には孫が生まれます。それまでには、治したいという希望」を伝えました。最初、治療を受けた日の帰り道、車運転するときに首を回すのが(左を見るときが痛くて回しづらかったのですが)、「なんかアレ!??」とこんな早く効果が出るの!と思いました。

そして、自宅に帰って家族にここでの治療を色々話していたら、家族が「なんか明るいよね!」「すごい元気だよね!」といつもの私との比較を言ってくれて、通おうと決心しました。

そして、通うたびに徐々によくなり、偏頭痛の薬を飲まなくなった。痛くて目がさめることが会ったのがなくなった。肩や首にいく手が行かなくなった。そして、「これはすごい!」ということになりました。実は、私は、テレビショッピングや通販とか疑う目を持ってるんです。「絶対にコレはやらせだな」とか思っちゃうんだけど、やらせじゃなかった

Q 最後にまだ頭痛で苦しんでる方にメッセージを一言お願いします!

私は、友達に会ったときに「今日、偏頭痛があります」とかムード壊しちゃうから言えなくて薬飲んでごまかしてきました。「私、偏頭痛です」って人に言えない人も、騙されたと思って先生を頼られるのも一つの手段だと思います。私は、オススメします!

「頭痛専門」は、「生きてくツラさ専門」です。

人間は、孤独で生きています。自分の悩みを口に出せずに毎日を根性で生きてる人が多いです。私が、音楽の道に挫折し、この整体の道に入るとき、「私に何ができるだろう?」と思いました。歌で人を感動させるような仕事がしたいと思い、「世の中で傷つき、疲れきった人の暖炉になりたいと思い、日だまり整体院を開業しました。「頭痛専門」の旗を立てた1番の理由は、そうゆう人たちを応援する仕事をしたかったからです。

心の叫びが、体に出ます。私たち頭痛治療家の仕事は、心を失っていく現代社会にとても必要な仕事です。あなたの真心の手のひらで、今日も誰かの生きる勇気を引き出してあげてほしいと心から願っています。

 

 

頭痛治療家を育てるメルマガに【無料】登録してください。

記事下部バナー
avatar
執筆者:日比 大介 (http://hidamari-shot.com/)

5年間、まったく人が来ない田舎の整体院から、「頭痛治療」に特化した整体院に変貌をとげて売上を月商200万まで持っていった男。全国で2000万人を救える頭痛治療技術の伝承のため2015年頭痛治療家を育てる日比塾を創設。後継者の育成につとめている。情熱的なトークと一人一人の身になって考える指導がウリ。一回目で効果の出る頭痛治療のビフォーアフターを素人整体師、セラピストに教えています。歌で世の中を変えることをビジョンに掲げ、ボランティア活動「肩こり体操ライブ」でも活躍中.NHK紅白歌合戦出演予定。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

ソーシャルで記事を共有する

カテゴリー別で探す お悩みごと別でコンテンツを探す