整体院集客
公開日:2016.09.01

ヒマな整体院と繁盛店の違い

ヒマな整体院をいつまでやるの?

今は2016年9月になるが、整体院は売れてないお店ばかりである。

それは、お店の前を通ればわかるし、先生の顔を見ればわかってしまう。

いつも覇気がなくて、目がうつろなんです。やる気がないのでしょう。

 

いつからこの町にやる気がなくなったか?わからないけど、

最初から整体院をやる気なかったのかもしれません。

たまたまサラリーマンをやめて楽な仕事だと思ってやったのかもね。

 

開けてビックリ!全然人が来ないんです!

私の開業は10年前の6月になります。全然、人が来なかったです。

先週の土曜日なんて22名もきて、足がだいぶ疲れましたが(立ってる時間が多いから)

あ〜のども疲れましたね(よく歌うから(笑)

 

そんな状況を想像していませんでした。

口グセは、「なんで来ないのかな〜?」でした。

日が経つにつれて「今日も来ないだろうな〜」という心の声に変わりました。

 

自信をなくすんですよね。人が来ないと・・・

自分がこの世の存在する意味もないような気持ちになっちまう。

人の役にたってこそ、「生きてる実感」「仕事してるやりがい」になるのにね。

 

人が来るには、人が来る理由がある。

 

人が来ない整体院をやっていた時は、自分のことばっかり考えていました。

自分がお金がないこと。自分が嫌われてるんじゃないか?と疑ったり。

自分は才能がないのではないか?と思ったり、近所の人をうらやましがったり

 

結局、なぐさめになるのは、帰りに寄る焼き鳥屋のビールだったんですよ。

朝9時から8時まで整体の仕事やって、患者さん一人で4000円の売上

(当時の単価50分4000円 安〜〜〜い(笑)

そのお金で焼き鳥3本とビール2本で2000円使って、一日が終わっていました。

 

その繰り返しは、どんどん自分をダメにしました。

情けないけど、止めることができなくてつまらない一日を過ごしてました。

今思えば、どうせ人は来ないのだから、ギターの練習しておけばよかったですね(笑)

 

 

どうして来ないのか?という質問

 

どうして患者さんが来ないか?というと「人が私のお店を知らないから

という理由を発見するまで、6年もの月日を要したのです。まだ知らない人がいるでしょう。

人が来ないからスネてたんですよ(笑)マジで笑えるでしょう。

 

虫かごに自分を入れて、当時の様子を見たらアホですよ。

朝9時に整体院に出勤して、閉店の8時まで寝てるんですよ。

待ってる営業です。何もやらずに待ってるんです。たまにフリで解剖学勉強してね。

 

この話は、本当なんですが、人が来ないと苦しいです。

だから宣伝しましょう。宣伝してない整体院は多いですね。

広告にお金かけたくないとか、広告するにはダサいとか思ってね。

 

整体師の仕事は、治療だけじゃない

 

私も技術が悪いから人が来ないと思ったら、全然ちがったのです。

はじめから自分のお店を知ってもらってないから人が来てなかったのです。

口コミで広がるなんて、ウソのコケです!誰が言ってたんだ!

 

3年もやれば、だんだん口コミが広がるなんてウソです。

だって昔と違って現代社会はコミュニティーが分裂してます。無理です。

現在、私の院で紹介患者が増えてるのは、「紹介してください」と

お願いしてるからです。自然発生には起りません。

 

人に知らせるのも整体師の仕事です。

 

あなたの整体の技術を知ってもらって来てもらう仕組みを作りましょう。

 

あなたは何ができる人なんでしょう?

この質問に答えてください。3秒で答えてください。

あなたは整体師として何ができる人なんでしょう。

 

◯◯治療なら、◯◯整体院へ

 

の◯◯を埋めてください。それがあなたの得意分野です。

世の中には痛みや不調で悩んでる人がいっぱいいます。

少なくともあなたの整体院の予約表を満タンにする人数くらいいます。

誰のための何なのか?を明確にすれば、広告するだけで人が来るでしょう。

 

人に伝えるには、愛をもって伝えよう。

広告の反応がない。といって悩んでる人がいるでしょう。

それは、本当に自分の役目の気づいてないのと、自分視点になってるからです。

いきなり、ヘッドラインに自分の写真が出てきたり、

自分の得意な技術の宣伝が出てきたり、やさしくて丁寧そうなイメージにしてみたり

難しい説明やら他との違いなんてどうでもいいのです。

 

どこもかしこも同じような広告ばかりです。

自分を宣伝してばかりで、人の悩みを解決していません。

さきほど言ったように◯◯治療なら、◯◯整体院への◯◯をプレゼントしてください。

 

最近は、チラシやホームページも同じようなテンプレートが出回っていて

デザインもよく似ていて気持ち悪いです。あなたはどんなお店にしたいですか?

どんな人に来てほしいですか?広告自体が、お店のイメージであり治療であります。

 

 

これなら良くなりそう!と思ってもらおう。

ケーキ屋さんでもラーメン屋でも最初は、「うまそう!」と思って行きます。

整体だって、「治りそう!」「これで救われるだろう!」という期待・確信があって

予約を入れるわけです。ウソの広告はいけませんが、「これならイケる!」と思える

 

リアルを伝えましょう。

それが患者さんの声です。誰がどうなったか?をいっぱい伝えましょう。

あなたの顔も大事ですよ。(キレイな写真、明るい写真がいいでしょう)

 

来たら良さがわかる!では遅いのです。

「一回来たら良さが分かるから!」なんてゴリ押ししても来ませんよ。

その前に良くなるストーリーを教えてあげましょう。困って泣いてる患者さんが、

どのように救われていくか?のストーリーを伝えてあげましょう。

 

今日も素晴らしい患者さんとともに日だまりを作りましょう!

 

 

ヒマな整体院の苦しみを120%知ってる男 日比大介

頭痛治療家を育てるメルマガに【無料】登録してください。

東京ライブ12.23
東京ライブ 横バナー
記事下部バナー
avatar
執筆者:日比 大介 (http://hidamari-shot.com/)

5年間、まったく人が来ない田舎の整体院から、「頭痛治療」に特化した整体院に変貌をとげて売上を月商200万まで持っていった男。全国で2000万人を救える頭痛治療技術の伝承のため2015年頭痛治療家を育てる日比塾を創設。後継者の育成につとめている。情熱的なトークと一人一人の身になって考える指導がウリ。一回目で効果の出る頭痛治療のビフォーアフターを素人整体師、セラピストに教えています。歌で世の中を変えることをビジョンに掲げ、ボランティア活動「肩こり体操ライブ」でも活躍中.NHK紅白歌合戦出演予定。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:0

※がついている欄は入力必須です

カテゴリー別で探す お悩みごと別でコンテンツを探す