マインド(考え方)
公開日:2016.05.12

頭痛整体師を1000人作ります。

頭痛が整体で治る時代へ

From 東京へ向かう新幹線500号の中

 おはようございます。頭痛治療家 日比大介です。

今日は東京へ行って、新たなるステージに向けて勉強しに行く日です。愛する妻とともに日本の未来を明るくしていきたい。町は、もうすぐゴールデンウィークで気分も遊びモードになってくるが、人がサボってる時に思い切りアクセル踏んでリードしてやるのさ。そうゆう風の中で生きていたいです。

あなたも何かに向かって生きてほしいと願っています。新幹線の走る音が、ゴーゴーと響いています。富士山の横を通りながらぼくは昨日の患者さんの言葉を思い出しています。

「先生!頭痛の病院を作ってください!」

昨日の朝一番の患者さんは、最近の新規の患者さんで偏頭痛を10年間患ってる重症患者です。40代主婦で薬で頭痛を押さえてパートの仕事をしています。昨日が2回目の治療でした。ホームページを調べて、病院以外で薬を使わない治療を探していたようです。

それで1時間かけて当院にやってきました。初診時、頚椎のズレによって頭痛がおこってることがわかったので、そのつまりを抜いて痛みを取りました。とても感動してくれて、2回目の予約をしていきました。そして、昨日彼女が語ってくれたのです。頭痛患者の真実の声を。頭痛を治す病院がないのです。頭痛外来、脳神経外科、心療内科、どこも治せないし、頭痛の原因するわからないし、薬で対処するだけのむなしい治療です。

病院にも整体院でも頭痛が治らない!どうしよう!?

その患者さんは、何度も何度も医者に裏切られてきたそうです。薬で押さえるなんてウソだと思いながら、頭痛外来で出された頭痛薬を半年飲み続けて全然効かなくて悩んでいました。「私は、整体とかこうゆうのをずっと疑ってきました。その場はよくなってように見えても、すぐに元の痛みが出てきてしまう。またココもそうだろうな〜という疑いがありました。」

「でも、家に帰って、その次になってもその次の日になっても痛くならない。だんなに「ココ」はやっぱり本物かも!?って話していたんですよ」と言ってくれました。

ホームページに書いていたことを本当だったと信じてくれたようです(笑)

そして、「先生!病院に行く前の病院として建てた方がいいですよ」と進言されました。柏木さんありがとうございます。対談ビデオを撮ることも快く受け入れてくれました。まだ2回目の治療途中です。

【ビデオ】治らないはずの頭痛がウソのように消えました。

たった一回の治療で頭痛が消滅!人生の大逆転です!

彼女は、10年もひどい偏頭痛に悩んできました。それが、たったの1回の治療で大逆転劇を手に入れました。うつろだった瞳が輝きだし、彼女の瞳に春の光がまぶしく写っています。

明るい暮らし、明るい人生、明るい未来が、前に広がっている。いい仕事だな!とまたあらためて思った出来事でした。これからぼくは忙しくなるな〜と思います。

世界中に【本当に治る!】頭痛治療ネットワークを作ります。

まずは、本気で治療に取り組む人たちを発掘することからです。もし、あなたにその志あれば、一度あなたに会いたいです。

では、頭痛のない国 日本を目指して!

サンキュー東京

頭痛治療家を育てるメルマガに【無料】登録してください。

東京ライブ12.23
東京ライブ 横バナー
記事下部バナー
avatar
執筆者:日比 大介 (http://hidamari-shot.com/)

5年間、まったく人が来ない田舎の整体院から、「頭痛治療」に特化した整体院に変貌をとげて売上を月商200万まで持っていった男。全国で2000万人を救える頭痛治療技術の伝承のため2015年頭痛治療家を育てる日比塾を創設。後継者の育成につとめている。情熱的なトークと一人一人の身になって考える指導がウリ。一回目で効果の出る頭痛治療のビフォーアフターを素人整体師、セラピストに教えています。歌で世の中を変えることをビジョンに掲げ、ボランティア活動「肩こり体操ライブ」でも活躍中.NHK紅白歌合戦出演予定。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:0

※がついている欄は入力必須です

カテゴリー別で探す お悩みごと別でコンテンツを探す