独りごと
公開日:2018.05.09

【頭痛専門の誕生秘話】成功と失敗のターニングポイント

栄光の影にある挫折エピソード

整体院を経営しているあなたにもあるでしょう?いろんな失敗があるでしょう?

私も例にもれずたくさんのエピソードを持っています。いつか映画化したいと思っています(笑)

今では満員御礼の日々が続く日だまり整体院もあの頃は、右肩あがりの登り途中でした。

肩こり専門の整体院にして、チラシポスティングを中心に集客をし地元蒲郡市に浸透しつつあった開業7年目、今から3年前の出来事です。飛ぶ鳥を落とす勢いで肩こりチラシは大当たりで、ポスティングで月23名を集客し、売上も120万円を超えて予約もパンパンになっていた頃です。当時の売上を上げるのに値上げの道をとることにしました。開業して三回目の値上げになりました。

イヤな患者を切りたいのもあったのですが、もっと価値のある治療を提供するためにマッサージで癒す要素を無くして、短時間で痛みをとる本当の整体院に生まれ変わるターニングポイントに立っていました。その頃から頭痛の人を治すことをしていたので、肩こり専門の整体院から頭痛専門へポジショニングに覚悟を決める時でした。

患者さんの数は、200名を超えて単価6000円でやっていました。日だまりの患者さんは、とても優しい心根を持った方ばかりになってきていて、この人たちを永遠に守っていきたい!と思っていました。介護士で朝から1日働いて毎週木曜日の朝9時の整体を楽しみに通っている山口さんという主婦、広島から出てきて蒲郡で旦那と出会い月一回、体に手を入れることを心に決めてる岩田さん、蒲郡駅から毎週徒歩で30分かけて通ってくれてる高橋さんなど、みんな毎日を頑張る元気の源として日だまりを頼ってもらっていました。人間的にとても愛すべき人たちで大好きでした。

 整体師に春のある日は訪れた。

3月の肌寒い朝です。優しい冬の日差しが春を少し感じさせて公園の桜の蕾もだいぶ大きくなってきていました。僕は、フィールの横の坂道を自転車で登り整体院に出勤します。白い息を吐いて、ペダル漕いで見上げれば朝日が五井山のほっぺをあっためています。「今日もみんな、待ってろよ!」僕は、人々の心に日だまりを作るんだ!」そう心に誓い五井山に手を振りました。左の細道に入ると我が整体院が公園の前にそっと佇んでいる。あれだけ人が来なかった整体院に今日も人がやってくる!ことが嬉しかった。辺鄙な場所にたくさんの人がやってくる!こんな毎日なら結構幸せでいいじゃん!と思っていた。

「どうして値上げするんだろう?」僕の心の中で自問自答が1ヶ月あった。今の人たちを守るためには値上げは尚早じゃないか?と不安にかられる夜もあった。しかし、本当の整体院として、病院で治らない頭痛の人を請け負って本物の頭痛治療を提供するなら、一回1万円が妥当だと判断していた。現在6000円の単価から10000円は危険すぎてできない。ぶっつぶれる予感がビンビンしながら、やっぱり値上げは、頭痛専門がうまく滑りだしてからにしようか?6000円で頭痛の人を治して実績とともに徐々に値上げするが本流じゃないか?という思いもあった。

securedownload整体院に着くと僕は毎日、中央公園の中の神社にお参りするのが日課になってる。お客が全然来ないときから「新規一名さまお願いします!」と言って100円玉を放りなげて手を叩きお参りをしていた。結構、確率良く新規が来るから賽銭マーケティングとのちのち呼ぶことになった。でも、この日は、やけに気持ちがさわやかでこれからこんなことが起こるとは全然予想していなかった。

 「先生、今日で治療をやめます!」

神社の階段を70段つかつかと降りて、僕は整体院の準備に取り掛かった。今日の予約一人目は、太田洋子さんだ。豊丘町に住むとてもあったかい心を持った主婦である。バレーボールで肩周りを痛めており、日だまりの治療でだいぶ改善して夜も寝れるようになって喜んでいました。お客様の対談動画にも出演してもらう超優良患者さんでした。初回来院から一年が経とうとしていた。僕も大好きな患者さんなので、とても楽しみに朝を迎えたのだ。

待合室の時計の針が9時を指す少し前に彼女はいつものように登場した。「先生、おはようございます!」いつも爽やかでハツラツとした声で入ってきます。きちんと待合で靴を揃えて、「お願いします!」と頭を下げて施術室に入ってきます。いつものように体のバランスをチェックして、「今日の調子」を聞きます。「先生のおかげで本当に夜も全く痛みが出ないし、草取りまでやれちゃってびっくりです。普通、痛みが出るんだけど全然快調です。」と治療を進めていきました。娘さんが結婚する話を聞き、人生が好転していくことに喜びを感じました。太田さんの人生が、痛みからん卒業と主婦として家庭がうまくいってることを象徴する出来事を教えてくれました。「よかったですね〜」「先生、旦那さんになる彼が、うちへ入ってくれるって言うんですよ」「へ〜そうですか。大した若者ですね。それだけ娘さんを愛してるんですね」「私もそんなに気を使わない人だからいいかな〜と思って・・」「よかったですね〜」そんな感動の話をしてくれて施術が終わりを迎えようとしていました。

「じゃあ、太田さんここに立ってください」

「いいですね。右肩甲骨周りもだいぶ動きが良くなってますね!」

「はい。ありがとうございます!スッキリです。」

「次回は、来週の一週間後でいいですか?」

太田さんの笑顔が止まって、ゆっくりと話を始めました。

「先生、今日で治療を一旦終了したいと思いまして・・・・」

太田さんは続けました。

「やはり主婦に8000円は高いと思うのと、来月から娘の結婚の準備とお金が入ってくるのあって・・・・家族で私だけが体にお金を使うのはどうかな?と最近思っていたところで、6000円でも考えていたので、8000円ではちょっと普通の主婦には難しいと思いまして」

「そうですか!よく通ってくれましたね。家族の柱になって頑張ってる太田さんなので、また限界がきたらいつでも電話してください。」と真っ白になった頭をごまかすように良い先生のセリフだけ伝えました。

「はい。ありがとうございます!本当に先生のおかげで痛みのない生活ができてるのでウソのようです。ありがとうございました。」

太田さんは、ハツラツした声のまま整体院の扉を閉めて、世間の中に飛び出していきました。

 

真っ白な僕の頭の中と去っていくブラックワゴン・・・ありがとうございました!と心の中で頭を下げた。

僕の整体院をここまで成長させてくれた患者さんが卒業していった。値上げという引き金によって、違う未来へ飛び出していった。寂しさではない何かスッキリした感覚があった。これから何かが動いていくそうゆう静かな風の音が日だまり整体院の窓を叩いていた。

次から次へと辞めていく患者さん・・・潰れる?

太田さんが日だまり整体院を辞めて数日のうちに200名いた患者さんが、たった20名になった。それは、売上お金がないことで初めて気づいたことだった。やばい!これってもしかして・・・・つぶれるんじゃないか!?カルテの枚数を数えて、値上げでやめた人を取り除くと残ったカルテ枚数は、30枚を切っている。どうしよう?

もう遅いか?

やっぱり時期尚早か?手紙を書いてよりを戻そう。すぐにハガキにメンテナンスの人は、6000円で固定にする話を書いたけど、時すでに遅し!誰からも返答のないまま時間だけが過ぎた。やっぱりダメだ。頭痛専門やれるか?今まで日だまり整体院を支えてくれた人を無残にも切り落として、何を始めるというのだ?大介!そこに愛はあるのかい?

家に帰ると妻はいつものよに笑ってくれていた。餃子を食べながら、「値上げ大丈夫?」と聞かれて、「あ〜大丈夫だよ」と平然を装ってビールを飲んだ。ちょっと苦かったけど、奥歯を噛んで耐えた。大介!もうダメだ!っていうところからお前は強いんだ!そう言い聞かせて高いびきで寝た。

頭痛専門 日だまり整体院の誕生

とにかくお客もいないし、お金がなくなった。手元に10万円ちょっとあるだけ3月25日。27日には、カードの支払い、家賃全部襲ってくる。整体院をやってる人ならわかると思うが、月末の支払いを越えれない。新規がいない。太田さんのようにリピーターが次々と辞めていった。血の気が引いていくのを感じた。地面に立ってる感覚がない。足元がくすぐったいような焦りでフラフラしていた。

とにかく今月は赤字だ!仕方ない!

ここから全く新しい整体院として誕生するんだ。患者さんが全くいない方がやりやすい。こうなれば、新しく整体院を作るつもりではじめればいいんだ。頭痛患者さんだけを集めて、治しまくればあっと言う間に100万は稼げる。僕は、頭痛治療のシステムを徹夜で作り始めた。ダイレクト出版(日本で有名なマーケティング会社)から送られてきてるシステム作りの本を隅からすみまで読み、自分の整体院の通院システムを完成させた。頭痛患者がどういうプログラムだったら安心して続けて通ってもらえるか?を必死で考えた。

スクリーンショット 2018-05-09 09.20.49

それが、現在使ってる【頭痛治療完全マニュアル】である。僕は、全国に悩む頭痛患者を一手にこの背中に背負うことを決心した。偏頭痛を治せる治療家はあんまりいないようだ。これを看板に病院で治らない人をことごとく治していこう!心の深い深い場所で決心した

神社の階段を登り、空を見上げた。4月の風は、桜の花びらを乗せて穏やかなメロディーを奏でてくれた。「これでいいのだ!」僕には、何か確信があった。この世でたった一人やれる気がしていた。神社のお参りから帰ると整体院の電話の留守電マークが点灯していた。

 

急いで、録音を聞いた。

「ホームページを見て電話しました。岡崎市の野村と言います。電話番号は、090ー・・・・」

僕は、成功を体中で感じた。本当に本当に嬉しかった。血の気が体内に戻ってきた。「これで俺は本物になれる!」そう心の根っこで思った。

右手でガッツポーズしながら、留守電の野村さんに電話した。

野村さんは、今現在でも日だまり整体院に通う優良患者さんのお坊さんである。念ずれば現ずと師匠の野口先生が言われた。もうダメだ!と思ったところから僕は這い上がった。それから日だまり整体院の電話は毎日鳴り続けた。嬉しい悲鳴と切ない鼓動が繰り返し僕の胸のうちで鳴っていた。「でも、行くんだ!未来へ」そう言い聞かせて治療を重ねた。売上は、毎月上がっていった。3ヶ月後には頭痛患者さんだけで100万円を突破し、逆転を成し遂げた。半年後には、150万円の大台に乗り上げた。妻に初めて苦しみのトンネルの話をした。失敗が笑い話になった瞬間だった。焼き鳥をビールで流し込んだ僕を見て妻は言った。「いい仕事してるね〜〜!!!」

値上げには、理由があるものである。頭痛患者を請け負うために犠牲を払うしかなかった。あの日の苦しみがなければ、今の僕はいない。普通の会社なら倒産していたあの日の風景を僕は忘れない。この大逆転物語を僕は日比塾でいつも語る。人を請け負うのだ。人生を請け負う仕事なのだ。あなたも頭痛治療家になって僕と一緒に背負ってみませんか?

踊るお坊さん野村さんはこのブログ読んでるよ!ありがとうございます!

頭痛治療家 日比大介

頭痛治療家を育てるメルマガに【無料】登録してください。

東京ライブ12.23
東京ライブ 横バナー
記事下部バナー
avatar
執筆者:日比 大介 (http://hidamari-shot.com/)

5年間、まったく人が来ない田舎の整体院から、「頭痛治療」に特化した整体院に変貌をとげて売上を月商200万まで持っていった男。全国で2000万人を救える頭痛治療技術の伝承のため2015年頭痛治療家を育てる日比塾を創設。後継者の育成につとめている。情熱的なトークと一人一人の身になって考える指導がウリ。一回目で効果の出る頭痛治療のビフォーアフターを素人整体師、セラピストに教えています。歌で世の中を変えることをビジョンに掲げ、ボランティア活動「肩こり体操ライブ」でも活躍中.NHK紅白歌合戦出演予定。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:0

※がついている欄は入力必須です

カテゴリー別で探す お悩みごと別でコンテンツを探す