独りごと
公開日:2016.09.21

整体師の服装は白衣ですか?

私服で治療する整体師

整体師のあなたは、どんな服装で施術してますか?白衣の人もいるだろうし、おしゃれなユニフォーム作ってる人もいるだろうし、作務衣とかお店のオリジナルTシャツで施術する人もいるでしょう。私も10年前の開業当時から6年間は、ず〜っと白衣でした。私の通った専門学校の人たちがみんな白衣でしたし、先生も医者みたいなカッコイイ白衣は水色の白衣を着ていました。その影響で、整体師は医者みたいな信頼される威厳のある格好をするものだという概念もあり胸に刺繍で整体院の名前をつけて施術していました。今考えると、あれじゃあ売れない整体師だな〜と恥ずかしくなります。

今、私は私服で治療をしています。その理由は、「頭痛を治せばいい仕事」だからです。患者さんにとって白衣を着て格好つけて医者みたいにしてくれなくてもいいのです。とにかく痛みをとってほしいわけです。ならば、私自身も自然体でいた方が患者さんも楽でいられるだろうという発想から私服にしました。なんか白衣って怖いんですよ。関係性を医者と患者みたいにワザと作ってしまうので、真実の関係を作りたいと思いました。

頭痛専門にした3年前のある日、白衣から私服にしました。患者さんの反応は全く何もなかったです!誰か何か言ってよ〜〜!というほど誰も興味を示さなかったです。案の定、先生の服なんて患者さんにとってどうでもいいのです。先生らしい格好、整体院らしい建物、整体師らしい言葉とか格好をみんな気にしてますが、患者さんが求めてるのは、「頭痛が治る」という結果です。もちろん先生と気が合った方がいいし、話もちゃんと聞いてほしいですが、最終結論は、「治療がいい」ことです。

私服で治療すると自分らしさを出せれていいですよ!ただし、服装で気をつける点はあります。以下の3つは、患者さんに不快を与えますので気を付けましょう。

1)汚い服装

これは、見た目ですが、白衣汚れてませんか?フチの部分とかエリの部分とか結構汚れます。白衣はお医者さんが言ってましたが、「汚いんですよ」と。だって毎日変えない人が多いですよね。何着持ってるか?わかりませんが、着まわしてるとヨレヨレに疲れてくるのです。整体師は、体を扱う仕事なので【清潔感】とても大事です。これは服装に限ったことではないです。ヒゲやら頭髪、爪、靴下、スリッパ、男性の整体師は特に気をつけないと主婦をターゲットにしてる場合、清潔感ないとリピートアウトですよ!売れてない整体師は、汚い格好であることが多いです。見るからにみすぼらしい人に治療されたくないでしょう。アイロンかかってないシワの入ってるシャツもまずいです。一人もんの男性整体師に多いですが、やもめ暮らしの雰囲気がガンガン伝わってきます。エリの先まできちっとアイロンかけておきましょう。売れてない整体師によくあるのが、ズボンの裾がビリビリに破れて汚れてる人です。患者さんはベッドにうつ伏せになると視界は、先生の足元です。綺麗な足元にしておきましょう。靴下も白い純白がいいですね。これは好みですが、キーポントは、「清潔感」です。今一度、整体師としての自分のスタイルに気にしてみるといいです。

2)くさい服

匂いの臭い整体師もイヤですね。生乾きの臭い匂いのする整体師もけっこう多いです。自分は一生懸命治療して結果を出すのに必死でしょうが、臭いとイヤですね。ワキガや口臭も予防しましょう。これは笑い話でなく、本当にリピートなくしますので、服だけでなく毎日使うタオルもシーツも洗濯しましょう。自分では気づかないし、匂いは人は言ってくれません。患者さんに聞いてみましょう。「僕って臭いですか?」って聞いてみましょう。ニンニク食べた後なんか「昨日、焼肉食べに行ったのでにおったらすいません」と言って施術に入ればいいのです。「先生、全然いいですよ〜」とそれぐらいの間柄になれてたらいいですね。私は、柔軟剤にもこだわります。最近のアロマ入りの匂いが大嫌いです。安い患者さんが来るとそうゆうやつを使ってる場合があるので、リピート取りません。常に整体院の空気をよくしておきたいですよね。余談ですが、室内にアロマを焚いてるお店もありますが、私も今はやめています。嫌いな人もいますし、整体院にそうゆう飾りはいらないと思ってるからです。頭痛患者さんは、匂いで偏頭痛になる人もいるぐらいです。あなたの匂いは大丈夫ですか?タバコの匂いもNGですね。希望の香りがすることを願っています!

3)いつも同じ服

明日のジョーじゃないんですから、毎日服は変えましょう。私服だとそうゆう点がいいですよね。今日の天気や今日の気分にあわせて、コーディネートできます。白衣の場合でもいろんなバージョンがあるといいですね!やはり整体院のスターは、先生です。先生をブランド化することは、見た目も大事です。これは、売れてきてから知りましたが、リピート率変わりますよ。患者の憧れであることも整体師として大事な要素です。未来を導くリーダーとして、ふさわしい格好をしましょう。いつも同じ服でもいいですが、先生のテンションが上がらないでしょう。天気が曇ってる時は、青空のスカイブルーのシャツを来て行ったり、ギラギラ太陽の日は、静かなモノトーンのクールな感じの色にしてみるのもいいですね。私のテーマは、「日だまり」なので、患者さんの気持ちを穏やかにさせることを意識しています。

ということで、整体師の服装は白衣でも私服でもいいけど、上記の3点を意識しておくとリピート率が上がります。患者さんは、見てないようで感じ取ってる部分がいっぱいあります。口にできないイヤな部分があったりするかもしれません。特に「清潔感」には気を付けましょう。

「見た目も大事だな!」と最近思うオシャレじゃない整体師 日比大介

 

頭痛治療家を育てるメルマガに【無料】登録してください。

記事下部バナー
avatar
執筆者:日比 大介 (http://hidamari-shot.com/)

5年間、まったく人が来ない田舎の整体院から、「頭痛治療」に特化した整体院に変貌をとげて売上を月商200万まで持っていった男。全国で2000万人を救える頭痛治療技術の伝承のため2015年頭痛治療家を育てる日比塾を創設。後継者の育成につとめている。情熱的なトークと一人一人の身になって考える指導がウリ。一回目で効果の出る頭痛治療のビフォーアフターを素人整体師、セラピストに教えています。歌で世の中を変えることをビジョンに掲げ、ボランティア活動「肩こり体操ライブ」でも活躍中.NHK紅白歌合戦出演予定。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:0

※がついている欄は入力必須です

カテゴリー別で探す お悩みごと別でコンテンツを探す