整体院集客
公開日:2016.10.07

【整体院経営】繁盛整体院の正しい予約の取り方 

ちゃんと次の予約取れてますか?

整体院の経営はリピート経営です。新規のケツばかり追ってるあなたにはわかってないかもしれませんが、毎月新規だけだったら私でも死にます。(そんなことないか)まあ、苦しいいでしょうね。新規!新規!新規!で毎回「先生、また電話します」で次の新しい人をやっていくのはパワー入ります。そして、初回お試しだけだったら儲かりませんね。だから、既存のお客さんを大事にすることが大事です。あなたのお店のファン(常連客)をいっぱいにすることです。

新規がゼロでもメンテナンスで通う人ばっかりだったら楽ですよね。100人でも毎月2週間に一回来てくれたら、単価5000円で100万円ですもんね。新規なしで毎月100万円ですよ!結構いいでしょう。だって、広告費かからないから売上のほとんどが利益です。そして、頭痛や痛みがもうない状態だから治療が楽!新規みたいに気を使わなくて済む!いいことだらけです。

実際、私の患者さん三浦さんという30代後半のしとやかな女性がいて2週間に一回5年間通ってる人ですが、「三浦さんだと楽だな〜!全然気を使わんでいいもん」と直接言ってます。大笑いになりますが、そこでまた楽に通ってもらうことができてます。彼女が最初来院した時は、80年代の歌の話で盛り上がって初回から歌いまくって二回目の時は、BGMを80年代シリーズのCDをかけて治療をしたという伝説が残っています。(その日の治療のためにツタヤで曲を集めてオムニバスをオリジナルで作成)男闘呼組のタイムゾーンや中山美穂のついてるね乗ってるね♪を大音量でかけて頭痛治療をしたことを思い出します。

ちょっと話がそれましたが、そうやって次回の予約を当たり前のようにとっていくと5年間も通ってくれる(彼女には、結婚はできないが一生通ってくれると約束している)ようになるのです。まさに人間関係ビジネスですね!

でも、最初からそんなうまく予約が取れたわけじゃなかったです。常に「先生、また電話します」を言われ続け6年間は閑古鳥の整体院だったのです。新規も来なかったですが、リピートも取れず、次回予約はザルでした。私は、治療が下手なのかな〜?とも悩んだし、人間として面白くないのかな〜?と悩みました。多分、今思うとまじめで暗いていねいすぎるいい人すぎる整体師だったんでしょう。

私も信じてやっていた次回予約をとるときに間違ってたことを話しましょう。あなたも以下に当てはまったらやばいです。おそらく売れてない治療家です。男闘呼組の曲をかけた方がいいですね(笑)

間違ってる次回予約の取り方

1)患者の言いなり予約を受ける奴隷先生

新規でも次回の予約をとるときでも、患者さんが指定した日時でとってる先生はアウトです。あなたがリラクゼーションショップや美容院をやってるならまだしも、整体院は治療院です。体を診るプロである先生であるあなたが、患者さんの次回予約を指定してないということは仕事の放棄です。病院の先生に「先生、手術した方がいいですよね〜〜、給料出てからにしたいんで、11月の10日の午後2時ぐらいでお願いしたいんですけど〜」なんて言わないですよね。「お前の都合が知らんわ!」ですよね。もし、あなたが新規が来て患者さんが次回予約を勝手に決めてるとすれば、それは放置プレイですよ。無責任です。私もリラクゼーション的な整体院をやっていたので、売れない頃は常にそうしてました。そして、キャンセルされるのです。先生にはちゃんと体のプロとしてリーダーシップをとってもらいたいんですよ。

2)一週間先の予約をとるバカ

新規が来て、次回の予約をとるときに「では、一週間後は来れますか?」「え〜〜二週間じゃあダメですか?」なんて会話をしてないですか?これは完全にアウトです。今、頭痛で苦しんで来院して痛いまま一週間も過ごさせるなんてムゴイことをよくできると思います。患者の苦しみが全然わかってないんですよ。今日もう一回やった方がいいぐらいですよね〜。あなたは、相手の懐事情を気にしたり、あんまり強制的に通わせるのは嫌われるから、周りの整体院と同じようなペースを提案してるんです。やさしさバカです。表面的に優しいだけの上っ面野郎です。一週間後の次回はちゃんと来るだろうか?痛いまま過ごしてるのにそれでいいんだろうか?

3)アキアキ予約で時間が拘束されるアホ

いい人先生は、常に患者さん主導です。患者さんが一週間後といえば、一週間後。二週間後といえば二週間後。そして、1日の予約が、朝の9時と12時と4時に入っている。うまくバランスが取れてるね〜〜〜!ってスキスキじゃん!一休さんじゃあないですよ!(スキスキスキスキ好きっすき♪愛してる♪)あなたの治療が1時間の場合、9時に治療してから10時から12時の間何をやるんですか?1時から4時の間、苦しくないですか?

4時の予約が10時に移して、12時の人を11時にしてもらえば、妻とご飯食べて午後は休みですよ。やってる仕事は同じです。午後は自由時間なので、ブログ書いてもよし。ホームページを修正してもよし。ポスティングに出かけてもよし。チラシのヘッドラインを100個考える時間に使ってもよしです。あなたは、患者の都合に合わせるからどんどん自分の時間がなくなっていきます。10時から12時の2時間なんて次の患者さんが気になって事務仕事に集中できないんです。パソコン開けば、you tubeで刺激的な動画でも見て時間が潰れるだけなのです。アキアキ予約をすると整体院は、混んでないのに忙しくなります。気をつけましょう!

ということで、これ全部私もやっていました。売れない整体院の時間の使い方は本当にアホです。変なやさしさ使ってるから、めちゃくちゃ疲れるんですよ。電話一本で済むのにアポ取って出かけるデキナイ営業マンに似てます。無駄ばっかりやってます。あ〜〜残念!

では、次に行ってみよう!患者さんに通ってもらうには、「正しい予約の取り方」があります。このことを整体の専門学校では教えてくれません。でも、整体院経営の中で新規集客と並んでめちゃめちゃ大事なことなので実践していただきたいと思います。

繁盛店がやってる「正しい予約の取り方」

1)先生主導で予約を取る本物の先生

繁盛店の先生は、新規の治療が終わったら、次回の予約日時を「先生が」決めます。治療して患者の状態がわかるので、どれぐらいのペースで通ったら頭痛が良くなるか?を説明します。最初は、頭痛がある状態なので詰めて通うことをすすめます。そして、すべての予約日を向こう3日は、日時指定で予約を取って診察券に記入してわたします。

患者にとっては、その予約日が頭痛が治る「運命の日」になるのです。あなたが責任を持って指定する必要があります。なぜなら、骨のズレや歪みなど先生がどれぐらいひどいか?をわかってるからです。どんな治療法でどんなペースで通えば、この人はよくなる!というストーリーを先生が患者の未来を描けてます。その頭痛が治るストーリーを患者を主人公にして歩いてもらうのです。それを勝手に決めさせては、脚本が変わってしまいます。先生が、予約日を提案してください。患者さんは喜んで、「はい!来ます!」と言うでしょう。

2)「次は、明日来い!」と言う頼りがいのある先生

「今日はここまでだ!明日また来い!」という星飛雄馬の監督みたいな役を務めることです。セリフだけでもいいので、治療が終わった時に言ってみてください。患者さんは、「はい!わかりました!」というはずです。なぜなら、頭痛を治したいからです。痛みが取れてる実感があるわけですから、早くもっとよくなりたいでしょう!ならば、明日また来るのです。

それを一週間も先の予約にしていては、患者さんがかわいそうです。あなたは、本物の治療家として、頭痛を治すことを宣言し、患者の痛みを背負ってあげてください。今までの患者の悩みを背負ってあげるのです。だから、「明日また来い!」と言うのです。「先生、わかりました!」となります。

そこに水くさいお金の話はありません。治るなら、つめて通うのは当然だし、お金を投資するのは当然です。整体院ですから。病院でも治らない重症患者を背負っていくのですから、当然です。逃げずにビシッと言ってください。「明日また来い!」そして、「治るまで毎日来い!」これで決まりです。

3)つめつめ予約で満員御礼にする

○予約を前後でくっつける

予約表は、つめつめで予約を取っていく。朝9時に予約があったら、次は9時30分に2人目です。新規も30分。通うか?通わないか?を聞いてすぐに次回の予約を取ります。繁盛先生は時間がないのです。患者が多いので、患者の予定に合わせてる余裕なんてないのです。もし、あなたがまだ予約空き空き先生でも、9時の予約の次は、9時30分です。午後は満員にしておけばいいのです。9時に予約があって、12時に予約がある場合、9時30分か11時30分に予約を取るのです。

予約を前後でくっつけてください。患者さんどうしを会わせることで、「繁盛してる」という感覚と通ってる安心感を持ってもらえますいい患者さんの前にはいい患者さんを入れましょう。一番いいのは、ビットウィーン戦略です。(ビットウィーンライオンではありません(笑)まあまあいい患者さんをいい患者さんではさむのです。サンドイッチすることで、挟まれた人は次回予約するし、いい患者になろうとします。これは、機会損失の法則という原則が働き、「ここをやめたら、次が取れなくなるから予約入れておこう」というチャンスをゲットしようという心理が働きます。

満員だとハサミ技を使いにくくなりますが、私のやっていた予約法の一つに優良患者デーを作ります。いい患者さんばかりの1日を作るとすごい楽しいです。今では、そうしなくても毎日楽しいですが、イヤな患者さんの予約は前の日から憂鬱なので、いい患者さんの日を作っていたことありましたね。

○次の人が待ってる整体院になろう

患者さんは詰めれば詰めるほど通ってくれます。常に次の患者さんが待合室で待ってる状況です。患者さんは待って雑誌を読んでる時間も楽しんでいます。そして、先生に名前を呼ばれるのも楽しみなのです。治療が終わって、次の患者さんに「こんにちは。お先に〜」「ありがとうございました」というのが楽しみなのです。そうゆうハッピーの連続を作ることが整体院経営の醍醐味でしょう。

6年前、アホ整体師だった私はそのことがわからず、一人に1時間半も予約枠を作って絶対に次の人と会わないプライベート予約にしていました。儲からないし、疲れるし、患者さんにヒマな店だと思われるし全然いいことなかったです。あなたも本当に優しさとは何なのか?を学んでください。

整体院は、人間心理のすべてが詰まっています。人間は、自分が一番大事にされたい自己重要感というものが心の底にあります。ぜひ、患者さんの人生を本気で大事にしてあげてください。それが、つめつめ予約にすることです。

○人生は時間です。治療以外の時間を作ろう!

つめつめ予約にすると、連続で治療するので空き時間に固まりができます。朝9時と4夕方時に予約の日と朝9時と9時半に予約の日の違いは、わかりますよね!時間はお金より大事です。人生は時間です。固まった時間を作って、チラシ作り、紹介カード作り、患者へ電話、ポスティング、ホームページ修正などの集客の活動や計画作りやあなたを支える人への家族サービスに使いましょう。治療だけが経営ではないです。人生全体を経営しましょう。時間を有効に使えることで、来月、再来月の売り上げが変わってきます。治療ばっかりやってるアホ治療家は、そのうち疲れ果てて売れなくなります。気をつけましょう。

まとめ:人は、通えば通うほど、通う!

いかがだったでしょうか?これこそが繁盛店のやってる予約の取り方になります。現在私がやってる真実の姿はこれです。田舎の中央公園の前のヘンピな場所に1日に23台の車が出たり入ったりします。公園で休んでる人は、不思議に思うでしょう。正しい予約の取り方をするとこうなります。あなたも患者の言いなりのアホな整体師を卒業して、どんどん予約を取って満パンにしてください。予約表が埋まってると精神的にも楽ですよ〜。

満員を目指していたが、満員になると誰かのキャンセルを期待してる整体師 日比大介

 

※ 緊急募集 繁盛整体院の【無料体験会】 1名さま募集

日だまり整体院は、明日23名の予約で埋まっています。苦しいです(笑)

もし、あなたが整体院に人が来なくて悩んでいるなら一回当院の状態を

見に来ませんか?ただ待合室にいるだけですが、けっこう勉強になると思います。

どうやって次回の予約を取ってるのか?どんな患者が来てるのか?

繁盛店のリアルな空気を体感できるでしょう。これはめちゃめちゃラッキーな

チャンスです。今すぐ以下のフォームからメールしてください。いい人間待ってます!

http://hidamari-shot.com/order2

 

頭痛治療家を育てるメルマガに【無料】登録してください。

東京ライブ12.23
東京ライブ 横バナー
記事下部バナー
avatar
執筆者:日比 大介 (http://hidamari-shot.com/)

5年間、まったく人が来ない田舎の整体院から、「頭痛治療」に特化した整体院に変貌をとげて売上を月商200万まで持っていった男。全国で2000万人を救える頭痛治療技術の伝承のため2015年頭痛治療家を育てる日比塾を創設。後継者の育成につとめている。情熱的なトークと一人一人の身になって考える指導がウリ。一回目で効果の出る頭痛治療のビフォーアフターを素人整体師、セラピストに教えています。歌で世の中を変えることをビジョンに掲げ、ボランティア活動「肩こり体操ライブ」でも活躍中.NHK紅白歌合戦出演予定。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:0

※がついている欄は入力必須です

カテゴリー別で探す お悩みごと別でコンテンツを探す