整体院集客
公開日:2016.10.16

【整体集客】もう一つの集客法「隣町マーケティング」

集客広告に行き詰まってるあなたへ

整体院の経営は、集客と治療の2本柱である。人が来てリピートしてくれて成り立つ。人が来てくれないと潰れる。治療が下手でも信頼を失って潰れる。どっちも大事だ。あなたは今どっちを強化する時だろうか?もし、あなたが人が来ない整体院なら、まず集客を考えるだろう。「一回来てくれれば、僕のスーパー治療で納得してもらえる自信がある!」と思っているだろう。「安心」で「安全」で「けっこうイケメン」で「けっこうオシャレな店」だし、「丁寧な施術」を心がけているから!と思っている。でも、人が来ない。という場合、

人が来ないのは、広告が当たってない。

あなたは、どんな集客法を使ってるか?わかりませんが、まず広告をすることです。人を集めるための行動を起こすことです。しかし、広告してるが反応が出ないという人がいる。その原因は幾つかある。写真が悪い場合もあるし、あんまり見られてない場合もあるし、連絡先がわかりにくい場合もある。その中でターゲットがずれてる場合反応が出ない。

ターゲットとは、あなたが来て欲しい患者さんの層だ。例えば、頭痛薬を20年間飲み続けてる42才の肩こり・頭痛の主婦がターゲットだったとすると、その人が住んでない地域にいくら広告を投下しても反応出ません。さあ、この場合どうすればいいんでしょう?

隣町マーケティングとは?

理想とする患者さんを集める場合、ターゲットに向けた広告を作ります。「頭痛のあなたへ」とか「肩こりが全然治らない主婦の方へ」とか「偏頭痛を治したい人へ」とかヘッドラインを作ってチラシを作ります。もし、その広告をあなたの町に8000部毎月巻き続けて全然反応ない場合ターゲットがあってない可能性があります。または、もっと反応がほしい場合、隣町マーケティングを行います。

これは、整体院の集客に行き詰まった時に行う最強の集客ツールです。あなたは、治療院をあなたの町だけで集客しようとしてませんか?現代は車社会です。例えば、私の整体院には2時間かけて週一で通う主婦の方もいらっしゃいます。2時間というと往復4時間。これはもう患者さんにとって旅行でしょう!

旅行に来てもらえばいいのです。地域一番店じゃなくてもいいのです。日本一番店のポジションの視点で集客しましょう。隣町から集客しましょう。そこにあなたのターゲット層がいるかもしれません。私の整体院の患者さんは、地元の蒲郡市民は3分の1以下です。売上から言えば、5分の1以下です。症状も特殊なので遠方からも来ます。では、そのやり方を伝授しましょう。

1)隣町集客 やり方の基本

まずあなたの整体院に来てるカルテを出してください。住所録があるといいんですが、そのリストの住所に隣町があるか?をチェックします。そして、患者さんの実家つまりあなたの町に隣町から嫁いできてるパターンが多い場合、その隣町に広告を打つと反応が出ます。すでに患者さんとしてきている事実と実家は彼女が生まれ育った場所です。その地域性とあなたの整体院が合ってる可能性が高いのです。

地の気と言いますが、患者さんをずっと集客するとある傾向が出て来ます。例えば、私の整体院は、生粋の地元民はまったく来ません。蒲郡市民だけを相手に集客していたら、私の整体院はもう潰れています。私の整体院は、都会派の感性を持ってる方や自営業など規定にはまらない考え方を持ってる方が来ます。よくザコと記事に書きますが、一般的な主婦は続かない整体院なのです。

自分に合う人が来ます。それだけターゲットを見極めることが大事なのです。隣町に広告を出してみてください。面白いことが起こりますよ!あなたがモテるのは、あなたの町じゃないかもしれないのです。諦めないでください。

2)アイディアを使うべし

あなたの整体院に隣の町から人がやって来ます。すごいことでしょう。まるであなたの整体院に磁石があるように引き寄せられて来ます。先ほども言いましたが、あなたの整体院まで楽しい旅行をしてもらうのです。頭痛が治って帰るなら、湯治療法と同じでしょう。温泉に行って病気を治すようにあなたの町に来てあなたの整体院で治療をして楽になって帰ってもらえばいいのです。

私たち整体師の仕事は、夢を売る仕事です。患者さんの「こうだったらいいな〜〜」という切実な想いを叶える仕事です。静岡から通ってくれてる患者さんは、頭痛を治しに蒲郡まで来ます。道の駅が好きな奥さんが旅をしながら蒲郡にやってくるのです。素敵な旅でしょう。近い人も来てもいいですが、遠い方が恋愛でも燃えるでしょう。中には、「先生のとこ遠いもん」と駄々をこねる患者もいますが、「お前が遠いんだ」と心の中で思っています(笑)

旅行をしてもらいましょう。隣町だったら余裕できますよ。県内だったら全然隣町ですね!「〇〇市に頭痛を治しに来てください」と書いて広告を出してください。あなたの整体院までの行き方の写真をつけて、片道30分で治って帰れるのです!ということを強調して書きましょう。見込み客の可能性をくすぐって夢をあげましょう。それが、優秀な整体院の愛のマーケティングです。

3)道路(ルート)は、お客の流れだ

あなたの整体院に隣町からくるには、道路が必要だ。その道路が来やすいか?が鍵になる。例えば、蒲郡市には23号線というバイパスができたため、隣町の幸田町、西尾市、安城市とのラインが遠方を近所に変えている。下手すると市内の隅っこからくるより、このバイパス沿いの人は30分ぐらいで来れてしまうのでめちゃくちゃ楽なのだ。この真実を知らない見込み客に写真地図で教えてあげるのです。常に患者の視点に立って、希望の広告を出していきましょう。

いくら近所でも大きな川が阻んでいると、全然来なかったりします。あなたも整体師なら体には流れがあって、どこで詰まりがあるか?が大事になります。マーケティングもどこに詰まりがあるか?を発見することが大事です。普通なら反応してどんどん集客できるところを川があるため、その見込み客は予約するのをためらいやめてしまった可能性もあります。道は大事です。あなたの町に来やすい道路はどのルートか?その道路沿いに住むターゲットを狙って広告を打ちましょう!悩んでる患者さんが、「お〜これはいい旅行ができるぞ!」と期待を持ってもらえるように!

まとめ:隣町に旅行ガイドをプレゼントしよう。

あなたの整体院の隣町にすごいいい患者さんがいっぱいいますよ。あなたは、どうしますか?まだあなたの町だけに広告をして待ち続けるのでしょうか?人は合わない人とは合わないです。あなたという人間と患者という人間のタイプが違うと続きません。広告もそうです。あなたの感性に合った人が反応するのです。いくらあなたがかっこいい顔をしていてもジャニーズファンに福山雅治の広告が入っても無反応なのです。でも隣町に福山ファンがいるかもしれません。土地が持つ風土と広告の反応というのは、とても大事な要素です。

 

あなたは、どの土地にモテるだろうか?

 

相性ってあります。それをあなただけの町に終わらせるのはもったいないですよ。そして、あなたの整体院に通う距離も楽しみになるのです。小牧市から通ってる患者さんは、2時間かけてきて、帰りの高速道路を走る時の風景が鮮明に見えるのが楽しみにしています。人生は、旅です。整体院通いも旅になるといいですね!

頭痛整体旅行プランを作り続ける男 日比大介

頭痛治療家を育てるメルマガに【無料】登録してください。

東京ライブ12.23
東京ライブ 横バナー
記事下部バナー
avatar
執筆者:日比 大介 (http://hidamari-shot.com/)

5年間、まったく人が来ない田舎の整体院から、「頭痛治療」に特化した整体院に変貌をとげて売上を月商200万まで持っていった男。全国で2000万人を救える頭痛治療技術の伝承のため2015年頭痛治療家を育てる日比塾を創設。後継者の育成につとめている。情熱的なトークと一人一人の身になって考える指導がウリ。一回目で効果の出る頭痛治療のビフォーアフターを素人整体師、セラピストに教えています。歌で世の中を変えることをビジョンに掲げ、ボランティア活動「肩こり体操ライブ」でも活躍中.NHK紅白歌合戦出演予定。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:0

※がついている欄は入力必須です

カテゴリー別で探す お悩みごと別でコンテンツを探す