整体技術
公開日:2016.11.16

【整体技術】95%の改善率!頭痛・めまいを治す整体の極意とは?

整体で頭痛が治る?って本当ですか?

整体師のあなたは、何のために整体をやっていますか?給料を稼ぐためだと思いますが、そこにロマンはありますか?私は、ロマンチストなので、整体は芸術と捉えています。つまり、20年も悩んでいた頭痛の人がたった一回の治療で頭痛が消えたらそれは芸術でしょう。ぜひ、あなたも芸術的な感動する治療をしてほしいと思います。治療技術バカもいますが、治療家たるものやはり技術が一番大事です。だからこそマーケティングもうまくいくのです。自信のあるあなたの商品を堂々と売りましょう。

では、今回は、私のやっている頭痛治療のポイントをご紹介いたしましょう。まずこのビデオをご覧ください。これは、先日開催された頭痛治療家を育てる日比塾でのライブビデオです。後頭部を治療する「日だまりショット」について説明しています。

【頭痛・めまいを治す日だまりショットの実演説明】 

頭痛・めまいの原因の元を究明せよ!

頭痛やめまいを引き起こす原因の多くは、後頭部と首の間が狭いことによって起こります。これは、骨格的にストレートネックだったり、生まれつき狭かったり、猫背やパソコンのやりすぎで目が疲れすぎて起こる現象です。過度なストレスを受けても首の骨がズレて、頭部に行く血行が悪くなって頭痛・めまいが発生することがあります。首が詰まった感じになる人を整体の現場でよく見ることでしょう。

この場合、肩こりマッサージをしても全然よくなりません。首が詰まってるので、余計に頭痛がひどくなったり、めまいが増したり、悪くなってしまいます。だから、世の中の整体師は、首を治療するのは危険だという認識があるのでしょう。しかし、あなたが頭痛持ちならわかると思いますが、首が詰まってる感じがしてませんか?そのつまりを抜いてあげれば、ウソみたいに楽になるのです

これは、ヘッドマッサージに携わる人もそうですし、肩こり改善を目的として整体でもそうです。自律神経を調整する場合もとても重要な手技になってきます。頭痛・めまいを改善する日だまりショットには、20年30年の偏頭痛を治す最大効果がありますが、この首のつまりを抜く日だまりショットにこそ体質改善の極意が詰め込まれています

生きるのが楽になる治療である!

頭部に血液が登っていないため、常にぼーっとして集中力がなくやる気も出ない人がいます。そうゆう人には、かなり有効な技です。後頭部と首の間が狭くなっていただけで気分が落ち込み、やる気までなくなるのですその蛇口を開けてあげる手技が、日だまりショットです。

頭痛・めまいがなくなるだけじゃなく、患者さんの目がスッキリぱっちり開いて、気分まで爽快になってることにビックリされることだと思います。子供に当たらなくなったり、心の余裕まで出てきます。こんな幸せな治療法を世の広めないわけにはいきません。

あなたも頭痛治療「日だまりショット」を身につけて、世の中を明るい世界にしましょう。生きるのってこんなに楽なんだ〜を患者さんに実感してもらいましょう!

頭痛が治るだけじゃなくて、本当の自分が発見できる!

こんなに人に優しくできるなんて気持ちがいいことだね。

 

整体とは生き方までその人らしくしていく素晴らしいものである

by 頭痛治療家 日比大介

頭痛治療家を育てるメルマガに【無料】登録してください。

記事下部バナー
avatar
執筆者:日比 大介 (http://hidamari-shot.com/)

5年間、まったく人が来ない田舎の整体院から、「頭痛治療」に特化した整体院に変貌をとげて売上を月商200万まで持っていった男。全国で2000万人を救える頭痛治療技術の伝承のため2015年頭痛治療家を育てる日比塾を創設。後継者の育成につとめている。情熱的なトークと一人一人の身になって考える指導がウリ。一回目で効果の出る頭痛治療のビフォーアフターを素人整体師、セラピストに教えています。歌で世の中を変えることをビジョンに掲げ、ボランティア活動「肩こり体操ライブ」でも活躍中.NHK紅白歌合戦出演予定。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:0

※がついている欄は入力必須です

カテゴリー別で探す お悩みごと別でコンテンツを探す